51b nxpclpl

雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学... 続き

コメント

上巻を読み終えたところ。
はじめは裏表紙のあらすじをさらりと読んだ時、名前探しの放課後と同じ設定?と思ったけれど(クラスメイトが自殺するけれど思い出せない、ってまるっきり一緒だし)、確かに同じような設定だけど全く違った。なんというか、ゾワッとした。下巻が早く読みたい。

心が読んでいて苦しくなる本も久しぶりにいいなぁと思った。時々僕が思うけど言葉にできない気持ちが著されていて、嬉しかった。

すごく好きだった本。
丁寧で繊細な世界の中に、一人一人の人間らしさが見える。
登場人物一人一人に自分と重なるところがあって、今の自分でも良いんだ、と感じさせてくれた作品。

ひとりひとりの背景がしっかり掘られており、どの人物の中にも自分のかけらがいる。不思議な感覚です。

雪の降る朝、ひっそりと静まり返った校舎に、文化祭のクラス委員8人が閉じ込められた。そしてなぜか彼ら全員の記憶から、二ヶ月前の文化祭の最終日に自殺した生徒のことが忘れ去られてしまう。なぜ閉じ込められたのか、誰が自殺をしたのか、謎が解けないまま、5時53分になって仲間が1人ずつ消えていってしまう・・・という話。
彼ら一人一人の過去に焦点を当てていくところが読んでいて面白い。長い話ではあるが、物語の真相が気になってどんどん読めた。下巻が楽しみ。

物語自体はファンタジーでとても引き込まれる。
それ以上に自分の普段の態度を考えさせられた。
優しい人になりたいと思わせてくれた一冊。

辻村深月さんの本で1番好きです。
厚い上下巻の本ですが、あっという間に読んでしまいます。
これを読んだ時は久々に心ごと持っていかれた感じがしました。
心からオススメです。

この本、本当に好き。
辻村さんの作品の中で一番面白かったなぁ。
登場人物全員の心の闇が回想で丁寧に描かれていて深みがある。
結末に一言、その発想はなかった。

下巻早く読まなきゃ!
ボリュームはあるけど面白くて一気読み。

オカルトなの話と思ったら、まあメフェスト賞だからね…冒頭は少し読み入れないね…ストーリーの進行が遅い(前置きが長くて)、最後の展開はやっぱり気になる。

登場人物一人一人の奥深いところにある哀しさと人間らしさが美しく描かれていた。
上下あるから少し重いかと思ったけど、割とサラっと読めます。読み終わった後なんか読んでよかったと思える。

読者

B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a523b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e040930baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b7594533f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460bF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacC7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2 58人

辻村深月の本

青空と逃げる

青空と逃げる

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

窮地に陥った時、それも絶体絶命の時にどうするか。 逃げてというメッセージは多いがそれだけでよいのか? 辻村さんは躊躇なく助けを求めて!という。そしてできれば助けを求める時に、何かしら自分の得意技があれば理想で、なくてもできることをすれば世の中捨てたもんじゃないと。 助けるほうにも、相手が恐縮しすぎないように配慮できれば、いいなぁ。

26日前

52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fEf93a617 8025 4edf 9c1b 60e83c5070ae
パッとしない子

パッとしない子

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4

yklsa

最近本を読み始めました。

何気ない一言でも言われた方は傷付くこともあるし、ずっと忘れられず覚えているもの。 一言一言に注意しなければいけないなと感じる。

5か月前

6cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d9745E9d81ec0 077a 4870 a83b 5c2ce825d837Db368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028ba 13
短編学校

短編学校

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2017/10/19 読了 少年・少女が大人になる瞬間を描いたアンソロジー。米澤穂信、本多孝好、関口尚、辻村深月、今野緒雪、それぞれ楽しませてもらった。それにしても、なんでこの短編集のタイトルが学校なんだ?

7か月前

7d63272d 4edb 4f5c b64c f54f6b57d0c4Icon user placeholderIcon user placeholder
水底フェスタ

水底フェスタ

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

読了できたのは多分辻村さんの文章のおかげ。 珍しくスッキリしないお話だった。

8か月前

1bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387Aba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82f7f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f0