51b nxpclpl

雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学... 続き

コメント

上巻を読み終えたところ。
はじめは裏表紙のあらすじをさらりと読んだ時、名前探しの放課後と同じ設定?と思ったけれど(クラスメイトが自殺するけれど思い出せない、ってまるっきり一緒だし)、確かに同じような設定だけど全く違った。なんというか、ゾワッとした。下巻が早く読みたい。

心が読んでいて苦しくなる本も久しぶりにいいなぁと思った。時々僕が思うけど言葉にできない気持ちが著されていて、嬉しかった。

すごく好きだった本。
丁寧で繊細な世界の中に、一人一人の人間らしさが見える。
登場人物一人一人に自分と重なるところがあって、今の自分でも良いんだ、と感じさせてくれた作品。

雪の降る朝、ひっそりと静まり返った校舎に、文化祭のクラス委員8人が閉じ込められた。そしてなぜか彼ら全員の記憶から、二ヶ月前の文化祭の最終日に自殺した生徒のことが忘れ去られてしまう。なぜ閉じ込められたのか、誰が自殺をしたのか、謎が解けないまま、5時53分になって仲間が1人ずつ消えていってしまう・・・という話。
彼ら一人一人の過去に焦点を当てていくところが読んでいて面白い。長い話ではあるが、物語の真相が気になってどんどん読めた。下巻が楽しみ。

物語自体はファンタジーでとても引き込まれる。
それ以上に自分の普段の態度を考えさせられた。
優しい人になりたいと思わせてくれた一冊。

辻村深月さんの本で1番好きです。
厚い上下巻の本ですが、あっという間に読んでしまいます。
これを読んだ時は久々に心ごと持っていかれた感じがしました。
心からオススメです。

この本、本当に好き。
辻村さんの作品の中で一番面白かったなぁ。
登場人物全員の心の闇が回想で丁寧に描かれていて深みがある。
結末に一言、その発想はなかった。

下巻早く読まなきゃ!
ボリュームはあるけど面白くて一気読み。

オカルトなの話と思ったら、まあメフェスト賞だからね…冒頭は少し読み入れないね…ストーリーの進行が遅い(前置きが長くて)、最後の展開はやっぱり気になる。

登場人物一人一人の奥深いところにある哀しさと人間らしさが美しく描かれていた。
上下あるから少し重いかと思ったけど、割とサラっと読めます。読み終わった後なんか読んでよかったと思える。

5/31

辻村さんの作品が好きで、今回もすごく面白かった。
続きがきになる。

ひとりひとりの背景がしっかり掘られており、どの人物の中にも自分のかけらがいる。不思議な感覚です。

読者

D462f391 9bc1 457a a1f7 11d782c303a958968020 e3dd 46f9 85a8 5ab74f7aec42D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b9063b1631 ea21 40b4 af96 a7ad390ccf1b9d754629 c63c 46df a7f4 22c093d52d3b8276a5f8 944d 4af4 b696 ec8049a0b744640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affIcon user placeholder 84人

辻村深月の本

オーダーメイド殺人クラブ

オーダーメイド殺人クラブ

Bb0b5db3 204b 486f a93b 668539339fe3

あんこや堂

32歳。3児の母。

はじめての辻村深月さん。中二の多感な複雑な時期のリアルさがじわじわと感じられて、ぐいぐい読み進めてしまった。どうなるんだ?どうなるんだ?と。結果的に1番いい結末だったとも思う。

4か月前

Aa6356d5 940f 4432 8ab8 208b758f3b04Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc88f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa
噛みあわない会話と、ある過去について

噛みあわない会話と、ある過去について

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

恐ろしいものを読んでしまった。 装丁の美しさ(書店でひとめぼれ)とは対照的にひたすらエグい。 凄い面白かった!!!これは!! 同じ時を過ごしたのに蘇る記憶は全くの別物、 自分を正当化するために記憶なんて簡単に変わってしまう。 自分の甘美な記憶は誰かの嫌な記憶なのかもしれない。またその逆もしかりで、自分にとって思い出したくもない記憶が誰かの中では今も輝かしくその人を肯定する記憶なのかもしれない。超怖い。 過去への復讐でもあり、これを読んでスカっとするかゾッとするかはその人次第なんだと思う。 またタイトルが秀逸。 「噛みあわない会話と、ある過去について」。短編集なんだけど、全てがこのタイトルにリンクしている。 「パっとしない子」と「早穂とゆかり」が特にぞわっとする。でもちょっとわかる、わかってしまう。こういうの読んでると、ずっと光のあたる所で生きてきた人は無意識に人のこと傷つけてること気づかないし、これからも気づけない。否定するわけじゃなくて、「気づけない。」だからこそその人たちに静かな復讐をするところではぞわぞわする。し、私は少し胸のすく思いがしたのも事実だ。

4か月前

A12a5249 b612 4153 9316 2db5f8c383613c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333C33c1e51 bba5 4cfe b834 3624c7f452c3 58
青空と逃げる

青空と逃げる

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

窮地に陥った時、それも絶体絶命の時にどうするか。 逃げてというメッセージは多いがそれだけでよいのか? 辻村さんは躊躇なく助けを求めて!という。そしてできれば助けを求める時に、何かしら自分の得意技があれば理想で、なくてもできることをすれば世の中捨てたもんじゃないと。 助けるほうにも、相手が恐縮しすぎないように配慮できれば、いいなぁ。

7か月前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de 8