51b nxpclpl

雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学... 続き

コメント

雪の降る朝、ひっそりと静まり返った校舎に、文化祭のクラス委員8人が閉じ込められた。そしてなぜか彼ら全員の記憶から、二ヶ月前の文化祭の最終日に自殺した生徒のことが忘れ去られてしまう。なぜ閉じ込められたのか、誰が自殺をしたのか、謎が解けないまま、5時53分になって仲間が1人ずつ消えていってしまう・・・という話。
彼ら一人一人の過去に焦点を当てていくところが読んでいて面白い。長い話ではあるが、物語の真相が気になってどんどん読めた。下巻が楽しみ。

その他のコメント

上巻を読み終えたところ。
はじめは裏表紙のあらすじをさらりと読んだ時、名前探しの放課後と同じ設定?と思ったけれど(クラスメイトが自殺するけれど思い出せない、ってまるっきり一緒だし)、確かに同じような設定だけど全く違った。なんというか、ゾワッとした。下巻が早く読みたい。

心が読んでいて苦しくなる本も久しぶりにいいなぁと思った。時々僕が思うけど言葉にできない気持ちが著されていて、嬉しかった。

読者

04a0c167 8084 4a4f 93ca 037707e6e1d1B409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef3273613d5c 0555 43d2 9ae6 8bc83ae68429D462f391 9bc1 457a a1f7 11d782c303a958968020 e3dd 46f9 85a8 5ab74f7aec42D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b9063b1631 ea21 40b4 af96 a7ad390ccf1b9d754629 c63c 46df a7f4 22c093d52d3b 87人

辻村深月の本

きのうの影踏み

きのうの影踏み

507febdf cc04 4a81 879c 833275baed62

朱林きつね

朱林きつねといいます

ホラーだと知らずに買って読みました(笑) 辻村先生の作品に興味があって、何か一冊ないだろうかと探していたら、唯一一冊だけ題名を知ってるものがあり、それがこれだったわけですが。 感想としては、「怖い」この一言に尽きます。もともとホラー耐性はあまり無いのですが、どの話もぞくりとさせる。きっとその感覚が好きな人にとっては最高の一冊であると思います。 個人的に特に怖かったのは、作家の話とナマハゲの話ですかね。展開がある程度予想できたとしても、読者に怖いと感じさせることが出来る素晴らしい文章力も圧巻でした。他の作品も是非読みたいです。

21日前

C97fab0d 3d70 4907 bfa7 4742efa3d21f1bce5f43 b0b4 4cd0 a850 51f6ad653f6273bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b 9
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。

Ab05e64b 2c48 4225 bbaf 052c49d36ac2

やまき

主婦です。

初めから、終わりまで貫くテーマは「母と、娘。」主人公は実母を殺害して逃げ続けている親友を探す為に友人や関係者に話を聞く。それとともにライターとして赤ちゃんポストの存続について取材を進めるが、その二つが重なった時、事件の切ない理由が白日の下に晒される。私は母に与えてもらった愛情の何分の一かは返せているのだろうか。

3か月前

Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c0530389fd94 457d 45fb 9b5b c974568b150f61ec2bc0 997b 4e41 bfd2 e0819b8cf1b4