51rfiykdqcl

コメント

自殺したのは誰?

上巻からこの問いをもう引っ張る引っ張る!
ここまで引っ張って、もう誰であっても納得できないんじゃないかと思いはじめた頃、明かされた真相は‥‥

わたしはめっちゃ納得できました。

張り巡らされた伏線もしっかり回収されたので、読後のモヤモヤも一切なし。
上下巻合わせて1000ページ超えですが、一気読みできるのは、映像が見える文章ということと、登場人物のキャラが立っているというところにあるのでは?

あー面白かった。

救われる現代版『こころ』。

仲間が1人ずつ消えていき、次第に深月は追い詰められて行く。物語の真相がいよいよ明らかになっていく下巻。
自殺した生徒はなんとなく予想がついたが、物語のラストで菅原の話と、鷹野・深月の話が一つにつながるところに驚かされ、感動した。クラスメイトの自殺やそれぞれの抱える問題と向き合い、それでも彼らが前向きに歩んでいくラストシーン。読後感も良く、面白い本だった。

来ました。大どんでん返し。
あいつが…そうだっなのか…
まさか、こんなことがあったなんて…
予報を軽々越えられたのに、最後にピタッとはまる。納得してしまう。
くそっ やられたなぁ(笑)

多分先に「スロウハイツの神様」と「子どもたちは夜と遊ぶ」を見たせいで、今作はあんまりピンとこないな。。。こんなパターンもう飽きたのか、それとも単に長すぎて惰性を帯びてるのかな?

伏線の回収が上手すぎる。どんどんどんどん謎が解決していく。読んでて爽快感さえ感じます。

読者

B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a523b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e040930baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacC7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5 37人

辻村深月の本

青空と逃げる

青空と逃げる

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

窮地に陥った時、それも絶体絶命の時にどうするか。 逃げてというメッセージは多いがそれだけでよいのか? 辻村さんは躊躇なく助けを求めて!という。そしてできれば助けを求める時に、何かしら自分の得意技があれば理想で、なくてもできることをすれば世の中捨てたもんじゃないと。 助けるほうにも、相手が恐縮しすぎないように配慮できれば、いいなぁ。

26日前

52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fEf93a617 8025 4edf 9c1b 60e83c5070ae
パッとしない子

パッとしない子

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4

yklsa

最近本を読み始めました。

何気ない一言でも言われた方は傷付くこともあるし、ずっと忘れられず覚えているもの。 一言一言に注意しなければいけないなと感じる。

5か月前

6cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d9745E9d81ec0 077a 4870 a83b 5c2ce825d837Db368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028ba 13
短編学校

短編学校

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2017/10/19 読了 少年・少女が大人になる瞬間を描いたアンソロジー。米澤穂信、本多孝好、関口尚、辻村深月、今野緒雪、それぞれ楽しませてもらった。それにしても、なんでこの短編集のタイトルが学校なんだ?

7か月前

7d63272d 4edb 4f5c b64c f54f6b57d0c4Icon user placeholderIcon user placeholder
水底フェスタ

水底フェスタ

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

読了できたのは多分辻村さんの文章のおかげ。 珍しくスッキリしないお話だった。

8か月前

1bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387Aba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82f7f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f0