41qtqpvqjil

カンザス州の片田舎で起きた一家4人惨殺事件。被害者は皆ロープで縛られ、至近距離から散弾銃で射殺されていた。このあまりにも惨い犯行に、著者は5年余りの歳月を... 続き

コメント

すごい話、現実にあったこととしても物語としてもすごい。恐ろしくても読んでしまう。

その他のコメント

読み始めたらのめり込んで、息つく間もなく読み終わった本。けど、人に薦めて、どこがよかったの?と聞かれて、説明に困ったことがある。

読者

F6d87aa6 3579 41ba 95b0 873b70fa8305Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184137afbb3 82c6 4043 8153 60142d4591a306350d52 349e 4eee b5a3 3730ed847d9bC9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbbF157a395 dd8e 4942 a829 47ec55fc798b08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c4daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0 26人

トルーマン・カポーティの本

ティファニーで朝食を

ティファニーで朝食を

A28011f6 5568 4051 b8ee cc1699a8420c

m

本と旅に出ます。

ホリーは身軽で奔放で美しい。でもその美しさは、捉えどころのない寂しさからにじみ出ているのだと思う。 彼女に憧れるのは自然なことだけど、実際彼女のように、本物のまやかしのように、生きていくのは辛いだろうなあ。 辛いけれど、そうしなくては生きられない、そうまでして生きている、だからこそ尊いのかな。

約3年前

1d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b8A3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c22f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb 43
誕生日の子どもたち

誕生日の子どもたち

67cc0228 da77 4d7c 9dc5 c0ce348c6b1f

きこる

87年生まれ

"昨日の夕方、六時のバスがミス・ボビットを轢いた。それについて何をどう語ればいいものか、僕にはよくわからない" 印象的なプロローグ。一瞬にして以前読んだことを想起させられた。学生の頃に図書館で読んだ単行本と、その匂いまで。 収録作品は表題作をはじめ『クリスマスの思い出』など、少年少女の無垢さをテーマに描かれた6篇。純粋で美しい反面、ナイーブで時に残酷さを纏う無垢さ。 どこか翳りがあるも牧歌的な風景がみえる作品群のなかで、異彩を放つのは『無頭の鷹』。物語の内容よりも不気味に光る文章に強く惹かれる。 背表紙には「カポーティのこぼした宝石のような逸品六篇」とあるが、的を得ていると思えることが嬉しい。初読時(5、6年前)と比べたら、"少しは"小説を読む神経が形成されたのかもしれない。

約4年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2410e34008d b593 4059 8ac2 f413ea08158fA7982261 328a 4c8e a244 4f58e3aaebde