51l5ck236pl

藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う一人の青年に出会う。戸惑い... 続き

コメント

ラストシーンがすごく面白い!
タタタタッと流れるように、でも映像は鮮明に、物語が進んでいった

その他のコメント

ドラえもんを一巻から読みたくなる。少し・不思議な物語。合わせて『名前探しの放課後』ぜひ!

読者

Icon user placeholder8d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac19198ab211a1 14f9 490e b954 34710a4b15baA9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd696C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b766c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b668A988c05b ec37 492f 90b3 c4a7dc03dcdf2bbaa9ff 7cdd 435e b54c 9613d2dbf7a0 177人

辻村深月の本

傲慢と善良

傲慢と善良

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

今の私たちの暮らしはインターネットと繋がることが当たり前になっている。 食事をする店を選ぶのも映画の時間を確認するのも場所を探すのもインターネット頼み。 見知らぬ人々によって作られた評価でその価値を計測し、なんとか平均以上の幸せを手に入れられるように検索に励む。 一方で他人を、モノを、あらゆるコンテンツを、自分にはジャッジする力があると考えるその傲慢さ。 ストーカーに狙われていた婚約者が姿を消し、その行方を探す主人公。 ストーカー、失踪、そんな犯罪、事件を思わせる出来事の裏に、他人をジャッジすること、されることの恐ろしさが潜んでいる。 そして下された評価に振り回されて、自分で物を考えること、自分の下した価値判断を信じることが出来なくなる愚かさ。 読後、自分は誰のこともジャッジせず、自らもジャッジされることのない、できる限り目立たない、ありふれた、その他大勢のひとりでいられる世界にいたいと心から思った。

約1か月前

Icon user placeholder64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d 29
きのうの影踏み

きのうの影踏み

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

ホラーというより、身近に潜む小さな謎のような怪異の短編集。 永遠に真実が分からないまま日常に埋もれていってしまうようなちょっと不思議な出来事たち。いつか子供の頃放課後に友達と噂をしてキャーキャーと騒いだ思い出とふと重なるような小さな怪談はどこか懐かしい。

4か月前

50ec34be 70a2 4996 b483 4b8fa251db06Icon user placeholder99a156a0 6b1d 43e9 8e74 abefd530645d 19