Btn appstore Btn googleplay
51sdrfxgevl

コメント

一気に読み切ってしまいました!最初は出会い系というワードで抵抗があったのですが、まったくその必要はなかったです。人とのつながりについて、いい意味で考えさせられる本でした。

ここ数年で、いわゆる「出会い系サイト」に対する印象はがらっと変わった。ほんの数年前までは、ネットで人が会うというのは、犯罪の温床になるというイメージがつきまとっていたけれど、最近はすごくライトな感じになっている。

自分の友人の回りでも、出会い系アプリを使って人と会ってきた、という話をする人はすごく多くて、話しぶりも後ろ暗い感じはまったくない。

仕事もプライベートも暗礁に乗り上げた著者が、マッチングサービスを使って、本を勧めるというブックソムリエのようなことを始め、その中で出会った人たちとの出来事を綴ったエッセイだ。

自分が著者に対して思ったことは、著者のように、次々と人に会って、その人たちの中を泳ぐようにして交流する、軽やかさ、瞬発力、みたいなものは、すごく羨ましいと思ったし、ある種のこれからの時代、みたいなものが象徴されていると思う。

それと同時に、「パッケージング」の大切さを感じた。つまり流動的な人間関係の中においては、一瞬で「その人らしさ」を伝える必要がある。だから著者は「セクシー書店員」と名乗り、書評を武器にして、渡り合えたのだと思う。(そして、そのパッケージングでは、自分が希望する人間関係を築くことができないことを知り、修正を加えていく描写もある)

これからは、パッケージング、ブランディング、が人間関係を築く上での必須項目になっていくのかもしれない。

作者の花田さんをとても他人とは思えず読んでいた。出会い系サイトで本を勧めるという健全ではないけれど健全な、さまざまな人との交流記録。浮世離れしていなくてドラマチック。実体験だからこその文章の演出、実際に出会い系サイトで知り合った人と会うときの空気感、雰囲気など文章が苦しくなくて巧妙で読みやすい。わたしもこんなふうに生きたい、いや、わたしはこんなふうに生きなければいけない、と思った。自分の培った読書体験はいつか生きる。そう願って。いつか大根仁あたりが映画化してくれるんじゃないかな、と思う。あとそのうち花田さんはセブンルールに出演する気がします。個人的観測ですが。

著者はヴィレッジヴァンガードの店長(当時)の女性。
彼女は結婚生活が行き詰まり夫と試験的別居をする中で、会えた人にピッタリの本を勧めることをプロフィールに登録して出会い系サイトXにデビューする。
その変わった自己紹介にサイト上では次々反応があるのだが、もちろん中にはナンパ目的の人や変わった人もいて、その出会いはどれも刺激的なものとなるが…。

「本を勧める」とあるので本がメインと思いきや、本はあくまで小道具に過ぎない印象で、そこは期待はずれ。
果たして70人のうちの何人がオススメされた本を手に取ったのかな?そしてその本はその人の心を動かすことができたのかな?個人的にはそんな人が一人でもいればいいなと思う。
山と山は出会わないが、人と人は出会う。
山は自分からその姿やあり方を変えることは出来ないけど、他人や本との出会いは、人が自分を変える「触媒」になりうるかもしれない。
出会う前と出会った後、主人公の心の変化に、そう思えた。

タイトルの軽さとは対照的に、幸せとは何か、自分のやりたいことは何かを考えさせてくれる一冊。
「もう普通の幸せはいらない。恋愛も結婚もいらない。お金もいらない。何もいらない。ただ今日見た光を信じて生きていこう」の文章が個人的に刺さった。
やりたいことがみつからないと悩んでる人にオススメです^_^

こんな世界の広げ方があるなんて知らなかった。チャレンジには不安やリスクはつきものだけど、行動したからこそ得られるものもある。
人との出会いの中で、自分のやりたいことを見つけ(気付いて)て行く過程にはワクワクがある。
自分にとってなにが楽しい事なのか、人とのかかわりを持ちたいというドキドキする気持ちが大切なのかもしれない。

初めて読んだエッセイ本

同級生の中にイタズラを目的として出会い系アプリを入れてる人もいてあまりいいイメージはありませんでした。それでも、本をオススメするプレゼン力を付けたくて読み始めました

最初の出会いから濃い人ばかりで直ぐに引き込まれました。でも途中から花田さんの悩みや考えに引き込まれるようになり、最後には「私も行動してみよう!」と思いました。

私は本好きの人はもちろん新しい友達が欲しい人などやりたい事や願望を躊躇してる人にオススメします

夫との別居をきっかけに新しいことを始めようと模索する著者。
書店店員として大量の本を読み売った経験を生かして、出会い系サイトで知り合った他人と話し、その人に合った本をおすすめするという試みを実行していく。やたらとセックスに持ち込もうとする男あり、心が通じ合うような出会いもあり…

私自身が読んだ本のタイトルやストーリーを全く覚えられない人間なので、読書体験を整理・蓄積してアウトプットできる人に対しては尊敬しかない。このアプリを使って少しでも記憶できたらいいんだけど。

おもしろすぎる。こんな出会い系サイトの利用方法があったとは。終始わくわくする本です。

知らない世界を知るための勇気ある行動。

著者と一緒に経験できた!?
世の中には、いろんな人がいるもんだ。

苦悩と葛藤から編み出された、
「あなたが素敵」+「この本素敵」
=「素敵なあなただから素敵なこの本がおすすめです」作戦が素敵すぎ!

20180902
週刊現代20180616
1300

エッセイなのだろうが、ビジネス書でもある。中でおすすめしていた本もいくつか読んでみたい。

タイトルに惹かれて買って、一気読みしました。

私も本を勧められたいです!

・タイトルの掴み
・読みやすい筆致
・最初はライトで多少の下世話感あり、段々真面目に向き合い、悩み、ラストはじんわりした気持ちを与えながらの大団円
というエッセイのお手本のような構成。さすが本のプロ!

でも一番のポイントはやっぱり、「出会い系サイトで会った人に本を勧める」というプロットの圧倒的な面白さと、本の勧め方と内容紹介の巧さ。
この本を読んで、読みたい本リストが一気に膨れ上がりました。

あと一般人の面白い取組がバズる感じが、レンタルさんとちょっと被る。今の時代ならではの発信という気がする。

行動すること。
動いた後に見える道がとんな道なのかを、個人の体験談として書かれていて、読みやすいです。

動ける人はカッコいい。
初期衝動を大切に。温めるとダメになるものもあるんですよね。

とても読みやすく面白かったです。
色々な本が出てきて、どれも読みたくなりました。
本を通じて人とつながっていく。人生を変えるには本が一冊あればいいのかもしれないと思いました。

思わず読みたいとなるタイトルにやられた。
作中遠藤さんとの関わりは共感する部分があって、自分を知る人にもオススメしたい。

2018年87冊目。20180702

読者

F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0d0b7cc36d 0c40 4f9a b052 cdb36775bafdIcon user placeholder0afe3205 44a7 411a b4e7 b859e8098c06C6eae618 6323 4894 b87b 2456b4ad39ceBf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c973c7689f7 aa01 4d6b 9051 386f4cf9b954E1f82eb1 b3d0 4ca0 bb5b 97d04042b6f8 421人

花田菜々子の本

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

単行本で読み逃していたが、マイ書店の神奈川本コーナーにて文庫版が展開。何故神奈川?と思いきや読んで納得。なかなかにパンチのある出会い系で巡り合う人たちが面白い。 「しかしそれにしても。とりあえずセックスって言ってみるやつ。とりあえず結婚してるけど俺は問題ないって言ってくるやつ。とりあえず時間いっぱい手品とポエムの発表をするやつ。とりあえず年収5千万と突飛な嘘をつくやつ。こんな人ばかりのサイトなのか。もうめちゃくちゃじゃないか。めちゃくちゃすぎるだろう。」P.43 しかし読み進めていくとまともな出会いを求める人も多くいるし時代は変わった。 本書は本を媒介として一人の女性が別れから新しい道を見つけるまでの過程を綴った物語だ。 旦那さんと別れる場面でCKB「ある晴れた悲しい朝」が脳裏をよぎった。 「これで終わりかと思ったら、思わず涙がこぼれ出た。二人で暮らしたマンションが~」 そして雑貨のある書店が田舎臭いオタクショップに変容していく様子が辛い。

5か月前

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2A86cc33e 76de 4a83 bee4 f02f90f73489Aa1f0061 1435 4d6e a4d7 c79297f38b53 15