51sdrfxgevl

コメント

ここ数年で、いわゆる「出会い系サイト」に対する印象はがらっと変わった。ほんの数年前までは、ネットで人が会うというのは、犯罪の温床になるというイメージがつきまとっていたけれど、最近はすごくライトな感じになっている。

自分の友人の回りでも、出会い系アプリを使って人と会ってきた、という話をする人はすごく多くて、話しぶりも後ろ暗い感じはまったくない。

仕事もプライベートも暗礁に乗り上げた著者が、マッチングサービスを使って、本を勧めるというブックソムリエのようなことを始め、その中で出会った人たちとの出来事を綴ったエッセイだ。

自分が著者に対して思ったことは、著者のように、次々と人に会って、その人たちの中を泳ぐようにして交流する、軽やかさ、瞬発力、みたいなものは、すごく羨ましいと思ったし、ある種のこれからの時代、みたいなものが象徴されていると思う。

それと同時に、「パッケージング」の大切さを感じた。つまり流動的な人間関係の中においては、一瞬で「その人らしさ」を伝える必要がある。だから著者は「セクシー書店員」と名乗り、書評を武器にして、渡り合えたのだと思う。(そして、そのパッケージングでは、自分が希望する人間関係を築くことができないことを知り、修正を加えていく描写もある)

これからは、パッケージング、ブランディング、が人間関係を築く上での必須項目になっていくのかもしれない。

その他のコメント

タイトルの軽さとは対照的に、幸せとは何か、自分のやりたいことは何かを考えさせてくれる一冊。
「もう普通の幸せはいらない。恋愛も結婚もいらない。お金もいらない。何もいらない。ただ今日見た光を信じて生きていこう」の文章が個人的に刺さった。
やりたいことがみつからないと悩んでる人にオススメです^_^

こんな世界の広げ方があるなんて知らなかった。チャレンジには不安やリスクはつきものだけど、行動したからこそ得られるものもある。
人との出会いの中で、自分のやりたいことを見つけ(気付いて)て行く過程にはワクワクがある。
自分にとってなにが楽しい事なのか、人とのかかわりを持ちたいというドキドキする気持ちが大切なのかもしれない。

読者

6a732c0a a460 4f5d 9189 99c2559dd8345bf92d08 30e1 4483 a7d1 328af11784c3Default profile normal78567457 39fb 407c a866 23a016ddc212A8188f4b 7bb3 4e50 aa64 1c0fa835cfae5aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dcA83fb2de a6ab 4fc5 97bc 9a56d5d846a146fda87a 1e56 411d a2bb 986896f178ac 49人

花田菜々子の本