51zhlwwkual

コメント

江戸の経営コンサルを生業とする
唯力と貧乏道主新右衛門のコンビと他仲間達。目の付け所が珍しい。

その他のコメント

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c

谷津矢車の本

某には策があり申す 島左近の野望

某には策があり申す 島左近の野望

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

地元の奈良では松永久秀と並び高名な武将。歴史のお勉強的には、前半生が不明で筒井順慶の重臣としていきなり歴史に登場、筒井家を出ていろんな武将に雇われたが最後に自身の所領の半分で召し抱えにきた石田三成に義理を感じ、負けると分かっていた関ヶ原で主君と運命を共にした、とされている男なのだが…。本作では武士としても強く戦術にも優れているがしょせんは田舎侍の悲しさで大きい戦に恵まれ無かった戦に飢えた男として描かれている。いわば関ヶ原もこの男が戦下手な三成を煽って起こさせたようなものだと。個人的には歴然の家康に戦下手の三成が挑んでしまったのは主人公や上杉家などに煽られた面もあるのでは、と思っていただけに興味深く読めた。簡潔かつどこか余裕のある文章も良くて面白かった。

2年前