51qerjes13l

順子は、匡平に対する気持ちが、雅志や山下への気持ちとは違うものだと気づき、動揺する。匡平もまた、順子が自分のことを意識していると美和から聞いて? そんな中... 続き

コメント

読者

Ab51b55f 5dd0 41d8 a5b8 d01cf8b629de

持田あきの本

キラ星のごとく

キラ星のごとく

Ff138645 3196 4753 9a7c 27f6820386e7

mmk

最近小説をたくさん読んでいます

なんでこんなに素敵な作品ばかりかけるのか?持田あきさんの作品に出会えたわたしは幸せものだと思います。

3年前