51q6m8krgql

「なぜ世の中から争いがなくならないのか」「なぜ男は浮気をするのか」-本書は、動物や人間社会でみられる親子の対立と保護、雌雄の争い、攻撃やなわばり行動などが... 続き

コメント

あー
読みたい

その他のコメント

何十兆もの細胞からなる自分の身体。そこに意識が乗っかって、操縦している。
しかし、僕らの身体は所詮、遺伝子の乗り物なんだ、と書かれている。つまりは、マジンガーZを操縦する側だと思っていたら、なんと操縦される側であった。かなり雑な例えだけれど、そんなイメージだ。

喜怒哀楽と共に僕らは生きている。でも、遺伝子には喜怒哀楽なんて関係ない。非常に面白い理論でありながら、非常に引っかかるものが残る本である。

読者

F6d87aa6 3579 41ba 95b0 873b70fa8305F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935Icon user placeholder13dde42f 140c 4e68 b159 2af8c506c6a80a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69f586c3ed3 8519 48d9 a321 7e6922e2b27aE1fad329 cf07 4bf1 b548 ad1f14f9f4059d9656f0 35db 4841 a5c3 4ae5e0c2f7f2 33人

リチャード・ドーキンスの本

これが見納め―― 絶滅危惧の生きものたち、最後の光景

これが見納め―― 絶滅危惧の生きものたち、最後の光景

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きなグラフィックデザイナ…

本当にノンフィクションか?と思えるほどにノリが銀河ヒッチハイクガイド。笑 あとがきによると、ダグラスとマークにアーサーとフォードを重ねてたんですね。 もしかしたら、ダグラス初心者には「ヒッチハイク」より読みやすいかもしれません。 半分くらいが希少な動物の話で、半分くらいは奇妙な人の話。(日本にも来てほしかったな) 脱力と真剣さのバランスが繊細で、笑いながら読めるのに読後はしんみり。 ダグラス・アダムス、普通の人をシュールに味わい深く書く天才だと思います。 もしくは、シュールで味わい深い人にしか出会わない星のもとに生まれてしまったのか・・・。 水耕栽培の博士とかほんとにこんな方いるのか?!と思って検索したら実在の方だったのでびっくりした。 安原和見さんの翻訳も読みやすくおもしろく、写真のキャプションまで楽しい本は初めてでした。大好きです!

約1年前

45122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6cD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f06db529aa 747f 4253 927c ed679afaf26b 8