51cnqnrwjol

全身の骨が折られ、血が抜かれた若い女性の遺体が、ライプツィヒの貯水池で見つかった。娘の遺体を確認した母ミカエラは、犯人を捜し出し、姉と共に家出したままの妹... 続き

コメント

アンドレアス・グルーバー著「夏を殺す少女」の続編。主人公は妻を病気で亡くした喘息持ちのライプツィヒの刑事ヴェルターとウィーンの辣腕女弁護士エヴァリーン。「夏を殺す少女」は中央線で降車駅を忘れるほど、夢中になって読みました。今回もサスペンス溢れる一級のエンターテイメントに仕上がっています。

全身の骨が折られ 、血を抜かれた若い女性の遺体が 、ライプツィヒの貯水池で見つかります。遺体を確認した母親は単独で娘が殺された理由と 、姉と一緒に家出したまま行方不明のもうひとりの娘の行方を追うために強引な行動に出ます。ヴァルターは 、ミカエラの暴走に手を焼きつつも、彼女に亡き妻の面影を見いだしてしまい、結局は協力します。そして、ベルリン、ライプツィヒ、パッサウ、プラハ、ウィーンと国境線を越えながら、2人がだんだんと犯人の輪郭に近づいて行きます。この過程は、読み応えがあります。

本作は2015年にウィーンで発表され、賞を取るなどドイツ語圏で大絶賛されたそうです。ただ、個人的には、前作の「夏を殺す少女」の方が面白いと思いました。原題は前作が「復讐の夏」、本作は「復讐の秋」。「復讐の冬」に期待して★★★★。

蛇足です。表紙にドイツ語の原題が出ていますが、"Racheherbest"と「秋」の綴りが間違っています。出来れば、訂正して頂けたらと思います(なお、酒寄進一さんの翻訳は素晴らしいです)。

読者

Picture4d46ba63 1c1c 46b0 9c59 0d4cf4dee2f818511618 542e 424f a9c0 020484758922 3人

アンドレアス・グルーバーの本

51f12t%2bfqrl
18511618 542e 424f a9c0 020484758922

ちゃこふ

猫が好きです。二匹飼ってます

久しぶりにワクワクしながら読んだ。この作者の本をまた、読んでみよう。

1年前

51kommwvacl
F9f57831 4934 47f1 aab9 89502073ed8d

yukarix

Love animals,

面白いサスペンス小説に欠かせない2つの要素。魅力的な主人公、そして「不穏な空気」。最初の10ページくらいから、これを満喫できます。そしてこの不穏さが、ノンストップリーディングへと。まだ寒い初春にお家で読書に持ってこいの作品。

1年前