51eyq 6gm9l

コメント

これぞ本格推理小説!というお手本のような作品。密室内で発見された切断死体から幕を開ける連続殺人事件とそれを鮮やかに解決する名探偵という道具立てからして、金田一少年の事件簿や名探偵コナンが好きな人なら必ず楽しめる小説。
古い(戦後直ぐの)作品だが、文体はそんなに古くなく、読みやすい。

その他のコメント

背中に見事な大蛇丸の刺青を持つ女が殺された。密室の浴室に、首と手足だけを残して——というあらすじの推理小説。作者からの挑戦付き。戦後すぐの日本の頽廃的な雰囲気、刺青を持つ美女、密室で見つかる遺体など、好きな人は大好きだろう要素が散りばめられている。日本三大名探偵に数えられる神津恭介のシリーズをこれまで読んだことがなかったので手に取ってみたのだけど、聞いてはいたが神津恭介のキャラが「そこまで盛るか」というくらい盛っている。謎解きも楽しく読めたので、他の作品も読んでみようと思う。

読者

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0Ad0b0ef9 7756 4a11 a5ad f5eede4c9571D6a96260 4374 4457 bdbc f362834a5e91 3人

高木彬光の本

神曲地獄篇

神曲地獄篇

Aecedbc5 4380 43cc 8146 457c3d973756

主に電子書籍で読んでいます

事件から割合早い時期に書かれたとはいえ、事実関係の誤認やいたずらに扇情的な表現が目立ちあまり評価できない。

8か月前

白昼の死角

白昼の死角

F3ba5a5d b37b 4260 9f7c d97891b65d78

anpan

古今東西の名作から最近のラノベま…

名作。S。カミソリのような天才より、斧のような天才が好きになる。斧の柄が朽ちるような作品。

約1年前