Btn appstore Btn googleplay
51dhlzaalel

我々の取り繕った世界を、皮を、作者は次々と引っ剝がす。 人間の暗部を見せてくれる。 --こだまさん(作家)絶賛!! (『夫のちんぽが入らない... 続き

コメント

20181221
週刊文春20181227
阿部公彦

読者

328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31a6d30a362 8032 44f0 92fe 587b369650bbF4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c 3人

吉村萬壱の本

うつぼのひとりごと

うつぼのひとりごと

6d1e0a08 f75c 41b3 837f f082d68e62ab

ナオテン

30にして読書に目覚める。

傷・水・ゴミ・色・肌・自然が印象的だった。 自然環境から自然世界という話はなるほどと思った。 ゴミと宝物の差。 色を持ち続けたいと思った。 傷を持つのも当たり前なのかもしれない。

3か月前

ハリガネムシ

ハリガネムシ

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d

ともちゃん

本屋さんでは早送りの時間流れる

グロい、エグい、キモい!読後、内臓を手で掻き回された気分悪さ。けど、これも人間!ここまでの闇は無くも微塵の暗は誰もが潜めてるだろうと。自分にも。事件になるのは見える様に出しちゃったから⁈何につけ、怖っ。

約3年前

ボラード病

ボラード病

6f6c2857 92db 498e b970 3cc9337a944d

ぴあーす

2017年以降に読んだ本をストッ…

同調圧力の怖さというのが表立って見えてくるが、そこに奥行きを与えているのが恭子の母親。しばらく読んでても、彼女が恭子の敵が味方か分かりづらい。その感じが、この世界の「正常なもの」がかくも捻じ曲げられる展開に一役買っている。

3年前

Default profile normalC9122f84 1557 40e9 b322 503dae6a3797C43b5c94 5495 47df bffd 8b5d3fe56778 11
臣女

臣女

F3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10

にくろら

読んだ本、読みたい本のメモ用 基…

2017.08.読了(Kindle)

3年前

Icon user placeholder0b212428 5f9f 45d3 a5d4 d6a040697c4631 hg68y normal 18