410hd3608bl

コメント

気負うことなく、意気込むことなく読める本。

わたしもそう思う〜と共感できるところが多々あり、それでいいんだよ、と言ってもらえてるような気持ちになった。

その他のコメント

私がもしカンヌ映画祭の審査員だったら、「ある視点」部門は益田ミリさんに贈る。
なんちゃって〜(笑)

読者

3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269A7b615e2 7ac1 4e8a a3af abd9564c83ac72efecff 9b0f 4a71 bdcc d9bd5f3db787 4人

益田ミリの本

永遠のおでかけ

永遠のおでかけ

40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609

ほんのむし

2018年39冊目。‘かなしみに、空腹を強制してはならない。’誰かの死を、悲しいものにし過ぎなくていいのかもしれないなあ。でも、やっぱりかなしいよね。むずかしいね。20180306

4か月前

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67D7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0Eb0856a4 a9fa 40fb 91a3 05560aa48ea1