410hd3608bl

コメント

気負うことなく、意気込むことなく読める本。

わたしもそう思う〜と共感できるところが多々あり、それでいいんだよ、と言ってもらえてるような気持ちになった。

その他のコメント

私がもしカンヌ映画祭の審査員だったら、「ある視点」部門は益田ミリさんに贈る。
なんちゃって〜(笑)

読者

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e33880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269A7b615e2 7ac1 4e8a a3af abd9564c83ac72efecff 9b0f 4a71 bdcc d9bd5f3db787 6人

益田ミリの本

マリコ、うまくいくよ

マリコ、うまくいくよ

843274d7 09ba 4cc8 bd4f 5ecafed8a43a

0000

tokyo

3人の働く女性、悪意がなくても誰かにとっては不快になったり悩みのタネになったり。どれもわかるし、なんだかふつふつして、あぁ働くってホントにめんどくさいなぁと。 キィーー!ってならないのはえらいよね。みんな偉い。

4か月前

1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2faIcon user placeholderEf8b1b04 ee35 434d 8327 d269a5367506 52
永遠のおでかけ

永遠のおでかけ

Ab51b55f 5dd0 41d8 a5b8 d01cf8b629de

ほんのむし

2018年39冊目。‘かなしみに、空腹を強制してはならない。’誰かの死を、悲しいものにし過ぎなくていいのかもしれないなあ。でも、やっぱりかなしいよね。むずかしいね。20180306

11か月前

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c79700a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Icon user placeholder 14