51apfqfa1rl

一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできへんかったんやろな。演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。夢を抱いてやってきた... 続き

コメント

誰かにとってのまっとうな理屈は、誰かにとっては窮屈な屁理屈でしかないけれど。窮屈な世界に閉じ込められている人はきっと、屁理屈にも気づかない。

その他のコメント

半分くらい読んだ。
私的には前作の火花より、感情移入できるし、読みやすい。
ラストが楽しみ。

5/15 読み切った。
不覚にも泣いてしまった(笑)

まだ途中だがやはり彼の文や言葉のつかいかたが好きだ。追記・感想:野原すげえ、永ちゃんの確信犯的な最低さ、沙希の狂気的な優しさ、共依存

読者

0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76Fc3d5934 9c3d 44e1 9415 ffe44b1ad9530ca00be4 6832 499d 8738 7845225162a7Icon user placeholderD9da2e68 8dc7 4e25 914d f7c27fb93e0e89be88c9 57dc 4155 b5d1 69f8e8c9ead9F3b86274 4014 422e 9025 18c6a011f50cIcon user placeholder 112人

又吉直樹の本

火花

火花

6080093b f6c4 478e ab44 307bdfeab0dc

引用しています。

笑えばいいのか泣けばいいのか。切ないけど真っ暗な話じゃなくてよかったです。それこそ線香花火みたいな。

約1年前

Dfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93eD5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae4530659511d 82e8 4f56 acd4 ef5ec623367f 67