51bfhm1mlzl

コメント

動物達の世界で、独裁政治の恐ろしさが書かれたおとぎ話。
独裁者も怖いですが、個人的に一番怖かったのは、一般市民が思っている以上にものを考えられないということ。
自分たちは絶対に、革命前より良い状態にあると信じ(信じないとやっていけないくらいの労働の過酷さというのもありますが)、
話が進むにつれ、最初にあった規則が上層部に都合の良いように書き換えられていき、一部の動物はおかしいぞ?と思うのですが、しゃべりが上手い官僚に言いくるめられると、そうなのかも・・・と思ってしまったり。
最終的に、最初の規則は全て書き換えられてしまうのですが、それでも「気のせいかも」で終わってしまう動物たちに、抑圧は記憶まで曇らせてしまうのかと、悲しくなりました。いろいろ書きましたが、実話を元にしてるというところが一番怖いですね・・・

人間だろうが豚だろうが、最終的に行き着く先は一緒。

ジョージ・オーウェルのもうひとつのディストピア小説。農場で動物たちが人間を追い出す革命を起こすものの、賢い豚がやがて独裁者として振舞うようになります。寓話ですが、描かれる動物たちは人間めいて生々しい。訳者は開高健で、彼の手によるオーウェル論が3篇入っています。

開高健訳ってのがまた良いよね。ジョージオーウェル最高傑作はこっちだと思ってる。面白い。

読者

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e6322c1c43b 437a 4dda b042 8c03a9f15639Icon user placeholderA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261A9dd7ea1 c3af 4fef 936c 930350c4b51aIcon user placeholderAd0b0ef9 7756 4a11 a5ad f5eede4c9571 23人

ジョージ・オーウェルの本

1984

1984

Bd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb2

muuuupi

Going for Ph.D

ディストピア小説と聞いてはいたので、読了感の気味悪さというか不快感は想定の範囲内。いつの間にか飲み込まれるように読んでいた。 英語はそんなに難しくない。宙ぶらりんにされたものは、宙ぶらりんにされるべく書かれているのだと終盤に向かうに連れて感じた。

4か月前