51uhclyuocl

動的平衡は、古くて新しい世界観であり、機械論的・因果律的な世界観に対するアンチテーゼ、あるいはアンチドート(解毒剤)としてある。この考えに共鳴してくれた人... 続き

コメント

期間が経つと、ヒトは変わってしまうという考えは全くなかった。この話を知ってから、人間は、私はなんなんだろう…という気持ちになり、自分を自分として繋ぎ止めている記憶、関わっている周りのひとたち、自分の生活などを前より気にするようになった。

読者

5cffc967 c952 41df 84d1 d5c3bfc0a72787fd6900 ee05 4d42 83b7 146c5554a720238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d699079887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Dbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104f564ed7ed 4ffc 4ac7 a30c 28152d1ff557Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deAc8450bb 96b6 475d 9a26 f8a500cd5ed6 8人

福岡伸一の本

ツチハンミョウのギャンブル

ツチハンミョウのギャンブル

3f3dd2f0 1024 4c23 b1f1 dffced4ff990

kantaroh

ブルーにこんがらがって

福岡ハカセの文章はいやらしさがない。 フェルメールを語るときも政治について語るときも、ニューヨークでの滞在を語るときも、生命を語るときも、軽やかで淀みない。 文章の流れを滞らせてはいけない。 動的平衡の流れに身を任せて、 ハカセの言葉に浸ろうじゃないか!

2か月前

新版 動的平衡: 生命はなぜそこに宿るのか

新版 動的平衡: 生命はなぜそこに宿るのか

Ce5d0fed f1ea 48c1 a15e a13bf80aa8c9

Sho Takeuchi

23歳

僕は学生時代、分子生物学研究室に配属になり毎日のようにDNAやシーケンサーなどの機械と向き合っていた。 しかし全くおもしろさや楽しさを味わうことができず適応障害を発症して中退した。 その半年後に福岡伸一の本と出逢い分子生物学の奥深さや魅力の虜になった。 生命を切って分けてを繰り返すことで機械的に生命を理解しようと試みることが分子生物学だと思っていた僕には、とても大きく、そして嬉しくもある衝撃を与えてくれた。

12か月前

Icon user placeholder865fadca 5273 4ec0 a42c 9a58c52348eaE0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6