51ckszvf ql

北海道勢初の甲子園制覇、田中将大らの輩出、前人未到の三連覇へ王手……。短期間に数多の偉業を成し遂げた駒大苫小牧元監督・香田誉士史。栄光と挫折の舞台裏を、長... 続き

コメント

勝ちすぎた栄光の裏にあった挫折や喪失、野球だけでなく人生の良い面も悪い面も含めた魅力を感じることができ、読んでいて楽しかった。
田中のマー君の世代と監督との確執は知らなかったので興味深かった。

その他のコメント

04年夏日大三戦、初回相手の一番が打った三遊共ほとんど動けない痛烈なレフト前ヒットについてのショート佐々木孝介の回想「化けもんかと思いましたね。こりゃ、つええ〜って」
04、05、06と3年に渡って化けもんの集まりたる東西の強豪を食い殺し続けたあの頃の駒苫(夏の甲子園14連勝!)はチーム全体が1匹の化けもんみたいだった。巨大な黒豹って感じ。そのかしらたる香田誉士史の23歳から現在までのノンフィクション。

中村計さん、サイン貰って握手までしてもらったけど単行本読むの初めてだ。野球ライター本当にかっこいいよ。なりたくないけど。
一昨年のNumber甲子園百年特集の斎藤佑樹の記事と併せて読むと5章中盤でほぼイキかけるのでオススメです。

勝ちすぎっちゃったんだね

読者

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66aEd9a905c 01a3 4081 8aea 80999174d7fc07c514b3 687b 40f9 b3f6 7f01c892ea50286ceefa 072a 4f64 a27b 990ddc830cdbE72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e 5人