41aka7xn14l

WBCで一躍「時の人」となった中日ドラゴンズの内野手・井端弘和。地道な努力を重ねた「いぶし銀」だからこそ、大舞台に動じない理由がある。アライバ対談も収録 続き

コメント

井端選手が中日時代、2013年の第3回WBCが終わった直後に発売された本だ。とてもタイムリーな時期に出した本のに、急いで出版しました感がなく、丁寧に書かれているのが素晴らしい。

本は5つの章にわかれている。集中する力、逆境を乗り越える力、技術を極める力、継続する力、信念を貫く力。そのほか、アライバ(井端&荒木)の対談が収められている。

冒頭がWBCについて。そこから子供の頃の話に入っていくので、1章からスーッと読める。

あと文章が全編とてもノッているので、読みやすい。井端選手の言葉を文章化したライターさんが、おそらく中日ファンで井端ファンなのではないかと思う。

井端選手の哲学ともいうべきものが、全編にわたって描かれている。
例えば……

P104 野球は確率のスポーツ。だから僕は「空振りをしない」バッティングの原理原則に行き着き、それをバッティングのポリシーにしている。

P114 プロに入った時、自分が一軍でプレーする力がないことを知っていた。そこだけは勘違いしていなかった。身の丈だけは知っていた。自分の身の丈をプロで通用するレベルに上げるには、まずは守備力、そして3割は打てなくとも、繋ぎという意味でチーム貢献ができて、ベンチから信頼の置かれる技術だけは最低限、会得することに全力を投じた。

などなど。野球が大好きな人なら、ハッとさせられる記述が満載だ。

そのほか井端選手の代名詞でもある右打ち、ファウル打ちに関しての記述もうなる。

数ある井端本の中でも、一番面白い部類に入る。

その他のコメント

「あの人がエラーしたら仕方がない」「あの人が打てなかったら仕方がない」そう思われる位の取り組みを普段からしておかなければならない。それが信頼ではないだろうか。
数字の残るプロ野球の世界も私たち凡人の世界も同じですね。

読者

0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

新刊

亜人(13)

亜人(13)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

永井 VS 佐藤。 いよいよ最終ウェーブ突入! 対亜人特選群も動き出して、佐藤討伐に向けていよいよ大詰めになってきました。 永井君の頭の回転の速さで佐藤の目的を掴んで、それに対してどう動いていくのか?どう展開していくのか? …全く想像がつかないです。 これこそが『亜人』の面白さだと、すごくワクワクします。 国を攻撃された時の弱点とかよく考えられていて、実際だったらどうなんだろうな〜と思ったり、ヤバイ事を隠蔽しようとする政治家とか、すごく皮肉った見方もあり面白いです。 最後まで楽しみで仕方ないです!

約5時間前

5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1C9243ba4 489a 4ba1 a0c6 ceee7f24722b
福岡はすごい

福岡はすごい

47cb5799 a38a 4856 87b2 82b461119acd

Hibiki

I read books

コンパクトシティ、リバブル、グローバル、イノベーションとエンターテイメント、港湾都市、大学の研究シーズ、市長、、、など成功した所以はわかったけど、それらがなぜ大事なのかもう少し詳しく知りたい。

約23時間前

C6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bd42d19b64 15d7 43d8 9e63 49edecfd6673F252617d 2a44 4c6a 9d72 afebeac5e664 10