Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61tslrwvawl

コメント

タイトルより表紙に惹かれて買ってしまった、いわゆるジャケ買い本でした。
元軍人でカッコいい系姉さん女房のジークと、可憐で可愛い妖精風夫のリツは、不思議でちょうどいい距離感で共同生活を営む。いつかこの距離感がいい方向に近づいて行くんだろうな、と思うと楽しみになる。
ごはんが美味しそうで、風景が綺麗で、排他的な村の人たちも含めて、物語の中でしっかり息づいているのがすてき。

読者

E6f63f90 f7a7 4ee2 a508 fe914052ab1cB989a57d 3ed1 457b b76a 3f1cc1b8f46632c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f6673d1f85f 2b00 49f8 b08d ed5d1b3ba1ed47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55 5人

文芸

間取りと妄想

間取りと妄想

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

自分の本棚の前で立ち読みしてしま…

一つの間取りに一つのお話。話の最初のページには、それぞれ間取り図が描かれている。 本に間取り図なんて、推理小説ぐらいしかお目にかかったことはない。しかし、この本では探偵が主人公ではなく間取りが主人公なのだ。よって、付録も間取りが冊子になっている。 これは、よくよく間取りを頭に入れてから読み始めろという事なのだろうと思い、いつもなら、文章を読みながら頭の中で構築する作業を、図面を見ながら自分が玄関からお邪魔する、というシュミレーションをする。そして、自分がそこに住むというシュミレーションまでしてしまう。だから時々「ここは、住みにくいなぁ」とか「暗いんじゃないの?」なんて、賃貸する気になってる、自分に笑ってから、その部屋にまつわる別のストーリーを読み始める。 私も案外マドリストだった。笑

約15時間前

9a8b7a82 7fc7 4b6b 893e e431ed0eb9adA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261B157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1
独立記念日

独立記念日

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

いきなり自分の居場所がなくなってしまう、なんて耐えれるだろうか… その時は自分も、もがいて'独立'できるのだろうか?わからないけど、原田マハさんはきっと優しい。

約19時間前

Icon user placeholder26f27089 dd0c 454e 8274 64cfccf864e238aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 11
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

図書館の「今ならすぐに借りられます」棚にあったので読んでみようと思って。作者の長編は「カフカ」以来。ベストセラーだしあらすじについてはいいかなと思うので思ったことを少し。この作品もオウム事件の影響があると思うんだけどあの事件の何がそこまで作者に訴えかけるんだろう…。あとここまで生々しい性描写する人だったっけ。個人的には主人公に多少共鳴する部分もあってなかなか面白かったのだけどミステリ好きとしてはいろんな謎が放置されたまんまというのはあまり収まりが良くないな…。

1日前

2c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f8635febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e456c5c7c2 c3f2 4069 8d02 fed05461d10d 92