51lg%2b4psy8l

コメント

霊媒の奥さんの協力で、患者さんに憑依した地縛霊と対話して、すでに死んでいることに気づかせて、高級霊人のグループに霊界に導いてもらうことで、沢山の患者さんを治療したお医者さんのお話。

霊との対話のなかで、肉体は死んでも、生きている時の姿で魂は生き続け、怨みや妬みの執着が強いと自分が死んだことがわからなくて、地縛霊になって、生きている人に取り憑いて、精神をおかしくしたり、犯罪を犯させたり、自殺させたりすることが明らかにされている。

見えない世界のことはコメントしにくいんだけど、生きているうちに執着は取っておいた方がいいかも(^^)

読者

927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718

人文

書けるひとになる!魂の文章術

書けるひとになる!魂の文章術

Fa2f46de 09b8 4291 8d2c 025044e17ae2

Kenny

読むこと、書くことが好きな人

どうにもならないときに開く本がある。書けない、書けないと自分がみすぼらしく、スターバックスの店員の笑顔にうまく答えられない。なにか他のことをと考えて、仕事や走ったりしてみても、まあ、結局はおなじこと。もう一回、書くことに向き合わないといけない。 N・ゴールドバーグ『書ける人になる……』はさいきん、書けないぞとなったらペラペラとめくる本。こんなにも豊かな世界が自身の周りにあるのになぜかそれを忘れてしまっていることがある。にび色なるも/世界豊かなりて/吾もその一部―――。 書くことも、走ることも、じつは独りぼっちを前提にしている。なにかに頼ったりするのはできず、自分しかいない。この本にたびたび禅僧がでてくるのは、きっと偶然ではないんだろう。生まれたことに意味はなくて、ただ存在していて、そのいまをembraceするのが書くことであり、走ることである。そんな気がしてくる。

約14時間前

氷室冴子とその時代

氷室冴子とその時代

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

代表作の「なんて素敵にジャパネスク」シリーズは累計800万部の大ヒット。1980年代から1990年代にかけて、一世を風靡した人気作家氷室冴子。 雑誌掲載作や、単行本と文庫版の差異、リライト版まで読み込んだ、物凄い熱量を感じる氷室冴子評伝。 晩年のエピソードは全く知らなかったので、とても興味深く読む。 「銀金」以降、97年からの沈黙は、病気故にかと思ってたけど、この頃はまだそれは分かってなくて、告知は2005年に入ってから。純粋に書けなかった時期なのか? 旧作のリライトを多数手掛けていたとはいえ、新作はなく、多くの可能性が失われた事が残念。一般文芸の世界で氷室作品読んでみたかった。

1日前

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184C335b1d3 ec69 47b0 b017 eb7221575797