Btn appstore Btn googleplay
51fprcljfel

コメント

元恋人の高橋は、ある意味で景織子の被害者なのでは。七澤の描写がもう少し欲しかった。共依存や監禁など重たい割には、展開があっさりしていて物足りなかった。

その他のコメント

それぞれの登場人物が、何を考えているのか?理解できなかった。文章はわかりやすく、読んだ通りなのだろうけど、、、

☆2
どうして正しいものと私が欲しいものはこんなに違ってしまうのだろう──それは愛じゃなくて、ただ自分の存在を肯定してくれる人が側にいてほしいだけなんだって、気付いて。

読者

90ec6291 8dbd 4aa4 a029 1ebb09dd4beb4c01a98a 719b 427c af99 0160dd998c68Icon user placeholder7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef8649c735 8902 4c04 9832 9243638f526b 5人

島本理生の本

Red

Red

Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1

まるたろ

好きなことは、何もしないこと

2020.6.26

約2か月前

E3007692 166c 4ba4 b573 e6081beed36dD2d1c7ed 289e 4b5e 966b ca39a0beb6e61a7da6da 08cb 4493 8f4a 89e887ca9b48 34
ファーストラヴ

ファーストラヴ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

島本さんの小説は、男性に読んでみて欲しい。 普段、自然にしている事、またはされている事が実は…っていうことに気付かされてしまう。

6か月前

Dd24acff 891a 4e56 afea 77c2174758dfD47c5f3d 92f7 47dd 892a f8510c60b4c5345a3cfb 0dc3 4591 91a5 dc5380e62d38 12
ファーストラヴ

ファーストラヴ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

家族の中の常識でがんじがらめになってしまう子供。誰にも知られることがなく、病んだ大人になってしまう。 出逢わなければならない相手に、出会えなかった子供。 事件に絡めて真壁先生の人生が語られて、読者を引っ張っていると思う。 出会えた人と出会えなかった人の対比が虚しかった。 事件を多方面から問題定義しています。 以外に読後感はスッキリです。

1年前

B22a96c7 482d 43dd b084 9de356a6237bIcon user placeholderIcon user placeholder 105