51ftrgjfaxl

『マルドゥック・スクランブル』『天地明察』を経て、冲方丁がデビュー20年目にはじめて書く現代長編ミステリー! 廃業した病院にやってくる、十二人の子どもたち... 続き

コメント

今まで読んだミステリー小節の中で1番面白かった。

今まで読んだミステリーの中で最も面白かった本。一気に読みました。

読者

67df4434 6981 4a85 b6a5 9f0bcbf04f0638aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21527c8928 f8d0 4133 8933 d579b7067b7b66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aFadf5f50 bf83 4a3f 92dc cc4ac7dfd6a135fb1555 2061 4d69 a3d8 035c5aa9d47a135675b6 fcaa 47ab 87c3 8e7cd4987971Dfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93e 39人

冲方丁の本

十二人の死にたい子どもたち

十二人の死にたい子どもたち

733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac

Unagi.

お酒と音楽と本と

13人目の子供は誰なのか。気になって一気に読了。 子供たちがなぜ死を選ぶのか、13人目の真相を 辿りながら12人全員の人生に触れたことで、 最終章での安心感はすごかった。

8日前

Icon user placeholder135675b6 fcaa 47ab 87c3 8e7cd4987971Icon user placeholder
SF JACK

SF JACK

0b510c0b 9b50 415e bb87 86f711ef2cf5

岩田昂士

空漠たる基準で採点して行くスタイ…

8/10点 買い。 内容には触れず独断採点のみ書く、何様スタイル。

6か月前

戦の国

戦の国

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

戦国時代の連作短編集。語りつくされた戦国の人物を短編の中で活躍させるのは難しい。中では、大谷刑部吉継の話が面白かった。

9か月前

214e5862 3263 4a86 b0a9 70053bd33b5b84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690