41gjy63984l

野球への愛、思い入れ、友情、勝利の喜び、敗戦のくやしさ…人生、愛、そして勇気をテーマにした、涙なくしては読めない、感動の物語。 続き

コメント

はじめの3行読んで、「二度目」だと気がついた。
ストーリーは典型的な「泣ける」である。私は、泣ける本に泣かされるのは嫌いだけれど、そんな重かったっけ?
読後、不思議な清涼感!
ああ、そうだった。これだコレ!と納得。
そーですね。そーです。はいはい。
しっかり泣いてしまいましたよ。
地道にチャンと生きることを誓います。

その他のコメント

読者

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd11525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Icon user placeholderCe5d0fed f1ea 48c1 a15e a13bf80aa8c9022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c806746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa60d1bf5d5 a33b 4950 ae04 258a2d4bd5e1 13人

オグ・マンディーノの本