51hty9rmq2l

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う... 続き

コメント

「コレきっかけで、ミステリにハマった。」「コレきっかけで、綾辻行人氏にハマった」という人、多数!
綾辻作品(特に館シリーズ)の中でも、不動の1番人気。
他の方もポストしている通り「たった1文」が、とてつもない衝撃度です。
ミステリ初心者なら間違いなく驚きます!

一人、また一人と殺されていき、最後の二人になっても犯人が分からない。
そして衝撃の一行…!
最後に伏線(トリック)もしっかり回収されていて、すっきり読み終わる。

綾辻行人氏の他の作品も読んでみたい。

一人一人ジワジワと減っていく。犯人は絶対この中にいるはずなのにラストまでわからない。びっくり!怖い!最近再読してやっぱり怖かった。殺されるのだけが怖いんじゃなくて。側にいる人を信じられなくなる。それが怖いんだと思った。

推理小説入門に最適な一冊。このトリックは実は、十二国記の作者・小野不由美さんが考えたそうです。

昔、人に勧められたのを思い出して初めて綾辻行人さんの作品を読みました。きっとあの一行の驚きの為に構築された話なのだと思いました。
私の好みは、張り巡らされた伏せんを丁寧に拾い上げて最後にパズルのピースが全部収まり全体の絵を見てスッキリするタイプの作品の方が好きなのだと思いました。この作品はどちらかと言うと最後で最重要なピースの為の作品だと思いました

過去と現在の殺人、島と陸で進むストーリー、想像以上に面白かった(´。✪ω✪。`)久々のミステリでしたが、やっぱりミステリいいわぁ〜
他のシリーズも絶対読む!
これ決定な(● ˃̶̀ロ˂̶́)੭◌ु⁾

アガサクリスティの『そして誰もいなくなった』の様なトリックだと思っていたら意外な人物が犯人でとても驚かされました。面白かったです!

半年前、家主と使用人達が焼死するという凄惨な事件が起きた島に、十角館という十角形の奇妙な屋敷が建っていた。そこに訪れた大学のミステリ研の学生達が次々と不審な死を遂げる。連続殺人の犯人は一体誰か、彼らは互いに疑心暗鬼になっていく、といった話。
推理小説の面白さが凝縮されたような本。
何の目的で、という部分はうっすら予想できたものの、誰が犯人かはネタばらしまで分からなかった。島のパートの続きが気になるところで本島のパートになり、焦れったい思いをしながら読んでいたが、後半まで読んでそういうことだったのか、と納得。

ページをめくった先にある衝撃。これ以上の衝撃は他では味わえないだろう。

これが綾辻行人の代表作なのか。いや、あの『一行』の所以がわかったよ! その瞬間に驚いた人もいるらしいけど、自分はいまジワジワきてる。。。あー、他の作品も読みたい。ミステリー好きだわー。

友人に薦められて。初めて読んだ本格推理モノ。これを機に推理小説にハマっていった。

ミステリー小説と言えば必ずと言っていいほど名があがるこの本を、やっとこさ読むことができました。
ストーリーは王道ですが、犯人は私の予想していた人とは違っていて、「あなたか!」と驚きました。
犯人がわかったところが私の中で最高の盛り上がりだったので、その後の答え合わせは少し退屈に感じてしまったけれど、読んでよかったと思います。

今村昌弘さんの屍人荘の殺人を読んでいた時に、館シリーズというものがあると知って、購入しました。

本初心者、推理小説初心者ですが、大変面白くて、直ぐに読み終えてしまいました。

余計なこと書くとネタバレしそうなのでやめておきます。

アガサ・クリスティのそして誰もいなくなったも読みたいと思います。

本格的なミステリー。
ミステリーの王道。

最初、名前が横文字で読みづらいなと思いつつも、そこに何か裏があるんだろうなとは思ってた。

しかし、まさか、本土にいる守須がヴァンだとは!

これは確かに驚いた。

ただ、最後の1行が驚愕と言いつつら、エピローグが長かったので、もう一回どんでん返しあるのかと期待してしまった。(なかった)

「あの一行」を読んだ時の、鳥肌が立つほどのあの衝撃を、もう一度味わえないのが残念です。

久しぶりに本格ミステリを読んだが、面白かった。えっと思わせる小説でした。

登場人物の名前が覚えにくい、、!と思って読んでいたが、あの1行のために付けられた名前なのだと気がついた。
水車館を先に読んだが、問題なかった!

館シリーズ一作目。古本屋で館シリーズがまとめて売りに出されていたとき、大興奮してまとめ買いした学生時代を思い出す。

初めて読んだのはだいぶ昔だけれども、その時の衝撃は今も忘れられない。

読者

3e97ef25 84c6 4820 8570 8a4613d80618D2d1c15d b6f5 4b2a 96bc 9845f73ebfe971abaace c584 498d 84e5 e132c188cdec6c381bd5 9159 4827 952a 6a4284adbc7bD4012687 5c22 4483 aed6 3f752ca2fe72E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efd2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c 151人

綾辻行人の本

十角館の殺人

十角館の殺人

Ff4b73fc 17f4 4eff 8c68 894ee82fb3c4

わか

推理小説が好きです!

まさかと思いました。 真相がわかった時の感覚が忘れられません!

3日前

78a45888 7582 4a41 bb42 b6ae08bbaf5aIcon user placeholder1dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483a 19
最後の記憶 (角川文庫)

最後の記憶 (角川文庫)

507febdf cc04 4a81 879c 833275baed62

朱林きつね

朱林きつねといいます

さすがとしか言いようがない。バッタの音の謎、母の恐怖の記憶の謎、そして主人公の苦悩…最後で「ああぁ〜!!そういうことね⁈⁈」とすっきり。 ホラーというよりかは幻想的な推理小説というような感じがします。面白かったです、良い読み物でした。

20日前

Fcebc7d0 32a5 4052 8ca9 76df4fb75faaEb17372f 55dd 4e88 b0b5 f68ba916d4d32da3e43c cf80 4832 b810 5c445f002a55
迷路館の殺人

迷路館の殺人

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

奇怪な迷路の館に集合した四人の作家が、館を舞台にした推理小説の競作を始めたとたん、惨劇が現実に起きた。完全な密室と化した地下の館で発生する連続殺人の不可解さと恐怖。逆転また逆転のスリルを味わった末に読者が到達する驚愕の結末は?気鋭が異色の構成で挑む野心的な長編本格ミステリー。

2か月前

C0bf4338 716a 48b4 82e3 90d8c878a300271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a715Icon user placeholder 8
水車館の殺人

水車館の殺人

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

古城を思わせる異形の建物「水車館」の主人は、過去の事故で顔面を傷つけ、常に仮面をかぶる。そして妻は幽閉同然の美少女。ここにうさんくさい客たちが集まった時点から、惨劇の幕が開く。密室から男が消失したことと、1年前の奇怪な殺人とは、どう関連するか?驚異の仕掛けをひそませた野心作。

2か月前

C1c9072b 61d9 4027 9aeb 7d349df97728C0bf4338 716a 48b4 82e3 90d8c878a300Icon user placeholder 10