51hty9rmq2l

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う... 続き

コメント

一人、また一人と殺されていき、最後の二人になっても犯人が分からない。
そして衝撃の一行…!
最後に伏線(トリック)もしっかり回収されていて、すっきり読み終わる。

綾辻行人氏の他の作品も読んでみたい。

その他のコメント

「コレきっかけで、ミステリにハマった。」「コレきっかけで、綾辻行人氏にハマった」という人、多数!
綾辻作品(特に館シリーズ)の中でも、不動の1番人気。
他の方もポストしている通り「たった1文」が、とてつもない衝撃度です。
ミステリ初心者なら間違いなく驚きます!

一人一人ジワジワと減っていく。犯人は絶対この中にいるはずなのにラストまでわからない。びっくり!怖い!最近再読してやっぱり怖かった。殺されるのだけが怖いんじゃなくて。側にいる人を信じられなくなる。それが怖いんだと思った。

読者

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Eb19add3 a3c5 4df6 a3c0 8b9c80daf78aE524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779Debdc81b 494e 423b 9edf 8bc8af576e112ad7e2e2 cade 4e64 90be fee468ab48ee6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06003eef5e 42f5 4765 af57 c57211b35315D9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb2396581 158人

綾辻行人の本

殺人鬼

殺人鬼

7c1b1289 399e 445f a1a7 2eea4c2ebab4

オダギリ

村上龍が好き。ジャンルは特に。

グロいとは聞いていたけどまさか文章でなぁ〜と思ってた。舐めていた。吐き気を感じながら休み休み中盤まで読むと後は夢中になって最後まで読んだ。ミステリーとしてはそんなにかもしれないけど中々楽しい読書体験でした。

3日前

Icon user placeholderDf016139 7043 4074 9caf d5b04be60007D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a
最後の記憶 (角川文庫)

最後の記憶 (角川文庫)

507febdf cc04 4a81 879c 833275baed62

朱林きつね

朱林きつねといいます

さすがとしか言いようがない。バッタの音の謎、母の恐怖の記憶の謎、そして主人公の苦悩…最後で「ああぁ〜!!そういうことね⁈⁈」とすっきり。 ホラーというよりかは幻想的な推理小説というような感じがします。面白かったです、良い読み物でした。

5か月前

Dd24acff 891a 4e56 afea 77c2174758dfIcon user placeholderAbeeb034 9634 430c afbe 0b783880fbe1 10
迷路館の殺人

迷路館の殺人

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

奇怪な迷路の館に集合した四人の作家が、館を舞台にした推理小説の競作を始めたとたん、惨劇が現実に起きた。完全な密室と化した地下の館で発生する連続殺人の不可解さと恐怖。逆転また逆転のスリルを味わった末に読者が到達する驚愕の結末は?気鋭が異色の構成で挑む野心的な長編本格ミステリー。

7か月前

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52C0bf4338 716a 48b4 82e3 90d8c878a300271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a715 9