Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
5106nvzg5cl

コメント

蜂須賀政氏は明治の華族にして鳥類学者。ありあまる資金にものを言わせて世界中を探検する。最後にはスキャンダルとあまりの放蕩に華族の地位を返上したあきれた男。

幻の鳥ドードーの研究で有名だが、こちらはフィリピン探検の話。

読者

Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7

文芸

通りすがりのあなた

通りすがりのあなた

80271b53 92a6 4a11 affd 9e138d5f114b

すぎゆ

とりあえず。

はあちゅうの文にはなぜかいつも嫉妬する。わたしも思ってるそのことをうまく読みやすく書いてくるから。 形容できない人間関係が雰囲気のある背景で書かれていて悔しいけど終始わくわくして読みました。いつかもう一度読みたい。くう。2017/11/19 18:34

約12時間前

スペース・オペラ

スペース・オペラ

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

fuku

設計事務所勤務ゴミリーマン/元ク…

スペースオペラといえば、昼下がりの安っぽいメロドラマ、ソープオペラと同じく、ヒーローが大活躍する、粗悪というかあまり出来のよろしくないSF宇宙活劇をさすちょっと意地の悪い言葉だが、それをストレートにひねらずーーいや、逆にひねったのかなーー宇宙を旅する歌劇団の物語にまんまと仕立てあげてしまったブラックユーモア炸裂の表題作を含むアンソロジー。もちろんユーモアだけではなくて全くの異世界文明との相互理解の可能性について、レムなどにも見られるような鮮やかや思考実験がとても心地よい。表題作もギャグ満載で楽しかったが、異性の海の鈍重そうな生物とのコミュニケーションを描いた「海への贈り物」が出色。著者は元船員だったそうで、その経歴も迫真の描写に役立ってるのだろう。最後のシーンは予想されることだとしても胸が熱くなる。 このアンソロジーはシリーズだそうでこれが3巻目の完結編だそうだが残りも読んで見なくては。

約15時間前

38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4
起きようとしない男:その他の短篇

起きようとしない男:その他の短篇

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

fuku

設計事務所勤務ゴミリーマン/元ク…

布団にもぐったまま、ぬくぬくごろごろすることがどれほど幸せか。特にこれからはお布団を離れることの名残惜しさが強くなってく季節だけれども、それはイギリスでも同じらしい。ベッドから出ることを拒否した男がやがて聖者のように扱われ…という表題作を含めたデイビッド・ロッジの短編集。古いものから新しいものまで並んでいるが、原語ではなかなか読めないものだったらしい。仏語版だか独語版だかの翻訳で出すということでまとめたものが、本国ではプライベート・プレスから出されることになったために稀覯本になっていたのだそうだ。 そして、かつて子どものときにその仏語版を読んだフランス人アーティストが表題作「起きようとしない男」をモチーフにつくった家具から再版の話が持ち上がり…本人の筆で語られるこの本の経緯もまたよくできた短編小説を読んでるみたいで少しお得な一冊。

約15時間前

僕は小説が書けない

僕は小説が書けない

Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5

KENTA

これからステキな読書体験していき…

自分と主人公を照らし合わせて読んでいきました。 面白く読めたんですが最後は余計かなと個人的に感じました

約16時間前

F7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda821e4ff2fc a2df 4d2d 9c9d df86a7f6542d3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb