Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
5106nvzg5cl

コメント

蜂須賀政氏は明治の華族にして鳥類学者。ありあまる資金にものを言わせて世界中を探検する。最後にはスキャンダルとあまりの放蕩に華族の地位を返上したあきれた男。

幻の鳥ドードーの研究で有名だが、こちらはフィリピン探検の話。

読者

Cd03bf38 93f6 4cf9 9bd1 52c04421f2b7

文芸

阪急電車

阪急電車

Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794

にゃろ

本を好きになりたい大学生です

映画を見て、特設サイトで阪急電車今津線のことを調べていたら原作も読んで見たいと手にとってみた。 普通なら気にとめもしないような物語が素敵で、面白い。共感、感嘆、笑い、色んな感情がこの本一冊で湧き出て、読んだあと心が温かくなった。短編小説のため、各駅で紡がれる物語たちが一旦区切られ、「人物たちがその後どうなったのか」を想像するのもすごく楽しい。

約16時間前

9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fF87cced7 3b24 400e 9d4e d0d0be9c1730 45
白いひつじ

白いひつじ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

短期間の話ですが、時間が過去にも未来にもしっかり繋がっていて奥行きが感じられました。BLも少々入っていて、あれこれ主人公も私もアタフタしてしまいましたが、愛情ある話でした。寮生達は個性的で、鳥貝は羊の雰囲気!漫画にしたい!

1日前

リーチ先生

リーチ先生

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

この小説には、柳宗悦、富本憲吉、濱田庄司、河井寛次郎、高村光雲、高村光太郎など実在する名だたる芸術家たちが次々と登場する中で、主人公の亀乃助のみ実在する人物ではなく、架空の人物だった。そして、その存在こそが民藝運動の本質の部分であり、亀乃助を通して民藝とはどういったものなのかを表現しているように感じた。 生活日常品て目を向けられなかったことにも美しいものは存在していて、同じようにきっと名だたる芸術家の横には亀乃助のような名を知られることなく消えていく優秀な人々が存在し、それは芸術という分野だけではなく、普段の生活においてもそのようなことに溢れているのではないかと思う。生きていく上で、見落としてはいけないとても大切なことを教えられた気がする。

1日前

Icon user placeholderE0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261 23