41bcders2dl

「ぼくの記憶は80分しかもたない」博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた-記憶力を失った博士にとって、私は常に"新しい"家政婦。博士は... 続き

コメント

ほんと、数学って美しい。
哀しくてあたたかい物語でした。
数学を習う学生時代によみたかったかも。

数学って、どちらかといえば人間の情が感じられない冷たいものだと思ってました。でも、この本の数式はあったかく感じました。また読みたい。

好きな本
数学は苦手だけど
数字って美しいんだなと思った

何かを突き詰めた人の言葉って、日常的な言葉でも深みがあるもんなんだろうな。
僕も何かを愛して語りたい。

完全数とか友愛数とか、知らなかった数字の世界に魅了されてしまいました。

不思議な本。淡々としているのにドラマティック。哀しいが、温かい気持ちになる。

一生忘れられ無い一冊。
この本に出会って読書にハマりました。

数学が嫌いな人にこそ読んでほしい本です
数学は取っ付き難いものというイメージが覆ると思います

数字はただの記号ではなく、深めれば深めるほど、その成り立ちが美しいと気づかされた。足し算より早く習いたかった。数学は温かいものであると。

数字は嫌いで苦手。だけど、数字を通して生まれる会話がある。生まれる愛情がある。そう思うと数字は美しい。

愛すべき博士の存在が和みつつ、また涙を誘う。
記憶が80分しか持たないという孤独の部屋にいる博士の背中を想像すると哀愁が漂って仕方ない。

数学大嫌いの文系人間の自分に、スッと馴染んでくる数学の世界。
数学は芸術だったのだなぁ、と気付かされました。そしてこの本もまたフンワリとした雰囲気の芸術的な一冊です。

読んでから数字を見る目が変わりました。

あっ!素数だ♪
てな感じです

自分と自分の大切な人との間にも奇蹟のような数字の結び付きがあるのかなと探したくなる。

恋人、夫婦、家族ではなくても美しい数学の世界は人と人とを結び合わせてくれる。
目に見えなくても間違いなく世界を、人と人との愛を取り持つ役割を数学は担っている。
それはこのお話に出てくる登場人物たちが証明している。

数学なんて大嫌いだったけど、こういう見方をする人もいるんだなあ。もし、小さい頃に博士みたいな人に出会えていたら違う人生になったかも

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder5107dca6 e6a9 479c ab42 72ca6aa63a38D462f391 9bc1 457a a1f7 11d782c303a9Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Fe55e1e0 335a 4f1b 80e1 01e9dfec4d0bCec8823b 771b 416c aaad 7ef55e759d39Icon user placeholder 236人

小川洋子の本

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

3か月前

ことり

ことり

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

4か月前

6b235e15 d518 47e4 92fc 833f3badd0ef677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd63af5021b 4ac7 4e17 987c c45b2d6c9fde 9