41bcders2dl

「ぼくの記憶は80分しかもたない」博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた-記憶力を失った博士にとって、私は常に"新しい"家政婦。博士は... 続き

コメント

その他のコメント

ほんと、数学って美しい。
哀しくてあたたかい物語でした。
数学を習う学生時代によみたかったかも。

数学って、どちらかといえば人間の情が感じられない冷たいものだと思ってました。でも、この本の数式はあったかく感じました。また読みたい。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder5107dca6 e6a9 479c ab42 72ca6aa63a38D462f391 9bc1 457a a1f7 11d782c303a9Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Fe55e1e0 335a 4f1b 80e1 01e9dfec4d0bCec8823b 771b 416c aaad 7ef55e759d39Icon user placeholder 236人

小川洋子の本

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

3か月前

ことり

ことり

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

4か月前

6b235e15 d518 47e4 92fc 833f3badd0ef677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd63af5021b 4ac7 4e17 987c c45b2d6c9fde 9