41bcders2dl

「ぼくの記憶は80分しかもたない」博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた-記憶力を失った博士にとって、私は常に"新しい"家政婦。博士は... 続き

コメント

嫌いな数学に魅せられました。

その他のコメント

ほんと、数学って美しい。
哀しくてあたたかい物語でした。
数学を習う学生時代によみたかったかも。

数学って、どちらかといえば人間の情が感じられない冷たいものだと思ってました。でも、この本の数式はあったかく感じました。また読みたい。

読者

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5202af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90Icon user placeholder8d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac19199ddfeb65 eb74 436d 9067 1f268efb08a31b7f9dde 4b5d 4d09 9c50 a8ade4a2000d8ae1a7df e76f 4022 accc 8e6f601171efB8a97abe a362 49c2 8876 0f0cea863e63 293人

小川洋子の本

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

約1年前

ことり

ことり

7fd25228 bb55 49bc 97aa 02cfb55e19b8

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

約1年前

71f22d9c d011 4388 a625 6db6f0305377D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cA717c245 52ca 473f add7 f3698fc39601 21