51ff9peslfl

弟が失踪した。彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。楓は夫の失踪の原因を探るため、資産家である弟の家族に近づく。兄である伯朗は楓に頼まれ協力す... 続き

コメント

毎回楽しく読ませていただいています。
今回の主人公が珍しく俗っぽいのは、冒頭から違和感満載なのを誤魔化すためでしょうか?
最後は社会派ミステリのような感もありますが、やはり面白いです。

その他のコメント

ちょっぴりミステリーの要素もありましたが最近の東野さんはどちらかというと設定やキャラと人間関係に重きを置いている感じ。安定でおもしろいんだけどなんか物足りない感じがします。

犯人は意外でしたけどね。

読者

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb89922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f468b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea98ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b1848ef78f3f 89bc 446e a263 0170ce418342C49a94f4 240e 410d 98c6 f31a8a160b37783444e6 84e8 4a08 94f2 1884cb6815b7 11人

東野圭吾の本

ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

約1か月前

Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Icon user placeholder8c20e05a 73da 467a 94db 9e058cdb0545 57