61c4ojgxvil

ライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は、二人の女性を殺した容疑で逮捕され、死刑判決を受けていた。調べを進めるほど、事件の異様さにのみ... 続き

コメント

ページ数も内容も薄いが、読むと疲れる。
語り手がコロコロ入れ替わっていて、ミスリードさせようさせようと五月蝿い。
文学なのかミステリーなのかハッキリしないのも個人的にはスッキリしない。

その他のコメント

これはすごかった。中村文則の新境地を見た。ミステリ要素も入った純文学。

読者

43ff2f18 8584 40b2 ba41 94cb2159547eE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Da89d462 9367 4b41 968a 24fe70ba9057A04651c6 77a4 4f29 beaa 4f99afde3b842e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9 41人

中村文則の本

私の消滅

私の消滅

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2019年172冊目。同じ苦しみを味あわせてやりたい、の最強形態。こわかった…

16日前

670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb85873bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bF43ccd27 5c18 4219 9719 a64bb0dc0f4d
最後の命

最後の命

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

生と死。性と死。長編ながら読みやすいです。 私はそれほど面白いとは思わなかったけど、それでも話の内容はわかる。

6か月前

Cc10a8a3 4ef4 467d 9453 83dc40b93939E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec
その先の道に消える

その先の道に消える

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

ある意味衝撃的な一部の終わり。 二部は解決編でしょうか。 二部では手記の紹介や独白など色々な手法が使われていたので、目線が変わって一気読みしてしまった。 性描写が苦手な人はダメかも。 極端な登場人物達なので、びっくりすることばかりでした。

8か月前

C679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621722c0bca 3b87 4156 94ec 10234f3745dd4fd6ba7a ad0c 4e5e a982 4f7eed1de3a2 21