51l0yfmu7fl

友だちは何よりも大切。でも、なぜこんなに友だちとの関係で傷つき、悩むのだろう。人と人との距離感覚をみがいて、上手に"つながり"を築けるようになるための本。 続き

コメント

大人も子どもも全ての日本人が通る道。(特に女子?)人付き合いに正解は無い。でも、一定の距離感が必要だってことはよく分かった。どっぷりと依存することのないように。どこかでドライな目をもたなければ。
育て方という視点でも勉強になりました。

小学生に戻って、この本を読みたかった。
人との距離の取り方や、やり過ごす事、自分の中のモヤモヤが一気に飛んだ。そうか、自分の距離感は決して変な物ではなかった。色々な人に読んで欲しい!

かつての日本社会におけるつながりはムラ社会に代表される密度の濃い共同体感覚を持つつながりだった。現代ではそうした社会が変革し、以前のつながりは保てなくなっている。しかし、我々日本人にはかつての強いつながりが中途半端に壊れた状態で残ってしまっている。これが日本人が対人関係に困難を覚える理由の一つではないだろうか。一年生になっても友達は100人できない。教室でみんな仲良くし、イジメがなくなることはない。筆者は一見ドライな目で人間関係を眺めているようにみえる。しかし、そこから生まれる対人関係のメソッドは地に足の着いた、かつリアリティを備えたものである。我々にこびりついた固定観念を取り払ってくれる一冊。

読者

E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c0d42365c 97dc 4382 bc19 2249a755d2b489c0ce76 d543 4d54 aa7b 7ec65767885aE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1bEf493691 aa4e 4c7d 918f 51593b45171b135675b6 fcaa 47ab 87c3 8e7cd4987971672ba2f9 a017 400e 8c46 117ac374412a0a3c772d a74a 4757 a7a8 b823b814d560 38人

新刊

フーガはユーガ

フーガはユーガ

25c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dc

Ask

人生でやっと本読み始めました

やっぱり伊坂幸太郎は天才でした。 タイトルでも帯でもどんなストーリーなのか分からずワクワクしながら読み進めていきました。超常現象的なファンタジックな設定かと思いきや、、、さすがの伊坂節でした!! 現実離れした話のようであり、その中に生まれ育った環境の理不尽さや、社会の不条理への反感が含まれているような。 登場人物たちのやりとりでフッと笑えるような一節も多くあるが、にわかに笑えないようなダークな部分もあり、でも最後にはこれは伝えたいという温かいものが残るような。 この笑いのセンスと、トリッキーな展開、メッセージ性のある物ははやっぱり彼にしか書けないだろうなーて勝手に感じました笑

約1時間前

6851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44b15d87be5 7429 4862 b4af 898ad19af76dB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947 22
現代語訳 賤のおだまき: 薩摩の若衆平田三五郎の物語

現代語訳 賤のおだまき: 薩摩の若衆平田三五郎の物語

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0083 2018/12/11読了 現代語訳が分かりやすくて面白かった。 注釈も同じページに書いてあるのでよい。 お話自体は短いので読みやすい。 でもあっさり死んでしまってびっくり。 本編ももちろんだけど、解説も面白かった。女性の表現活動の歴史についても興味を持った。

約2時間前