511xdtx8cpl

主人公野島とその親友大宮における友情と恋愛の相剋-青春のあらゆる問題がこのテーマを中心に展開される、武者小路実篤の数多い作品の中でも、とりわけ多くの若い読... 続き

コメント

わたしの人生の中の『恋』が、もっと尊くて可愛くて分厚くてちくちくとしたものになった。恋が自然から与えられたものであるという、初めて出会う感覚に はつ とする。友情というフィルタからみた恋愛、最後の野島の言葉は快感

その他のコメント

誰にも教えたくないし、皆に知って欲しいという両極端な感情の混じる「青年の為の 青春の為の」大傑作。短編だが大作を読んだような充実感。

ゲーテの『若きウェルテルの悩み』が青年に「これは私に向けて書かれたものだ」と錯覚させるように、今作『友情』も青年の情熱を鷲掴みにする。

「あまり幸福すぎる時、彼は一種の恐れを持つ。人間にはまだあまりに幸福になりきれるだけの用意が出来ていないように彼には思えた」

なんとも明るく楽しい台詞の掛け合いで、恋の憂鬱や歓喜を面白可笑しく描く。人生様々あるが、「あんまり心配すると損しますよ。」

真実の友の存在は偉大。傑作です。

瑞々しい青春群像劇。いつの時代も恋をすれば考えることは同じ。不器用で女性の態度にいちいち一喜一憂する野島に親近感が湧いた。

しかし、誰も大宮には勝てない…

読者

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aC1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e41c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75202760224b 0579 4316 9b41 66e609af29ce05d8182e 87bc 48b6 a94a 50615cb7dd385b34824b 851e 4b5d 8a4b e970271f60b26443e8e8 9cb3 4b65 a5ac 89fca2e8e3ea7ca76e39 8ee5 4881 93a3 5e6f31ddb791 10人

武者小路実篤の本

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

約2年前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder 10
お目出たき人

お目出たき人

5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

高橋 源一郎さんの「文学なんかこわくない」(朝日新聞社)の実篤ウィルスの話しを読んで以来、ずっと気になっていた武者小路実篤先生。いつか読もうと思いつつ、なかなか手が出なかったのですが、つい古本屋の店先に100円均一で売られているこの「お目でたき人」が目に留まり、なおかつ裏表紙の解説が凄すぎて買って読みました。裏表紙の解説には「自分は女に、飢えている」からはじまるとてもイタイ系の文章が並んでいます。 内容に言及しています!が特に問題ない作品だと私は思います。つまり内容を知ってしまったとしても問題なく楽しめる(?)作品です。 26歳のオトコ<私>が主人公の1人語り小説です。私は近所に住む女学生<鶴>を勝手に好きなって結婚したいと思っている。私はまだ<鶴>と話したことが無い。それどころかここ1年くらいは姿を見ていない。それでも私は<鶴>と結婚する事で女に飢えた心を満たすことが出来ると信じているし、<鶴>の幸せにとっても、私と結婚する事が<鶴>の幸せだとも確信している。もちろんいまだに会っていないし、話していない... で、この後も5年くらいこんな状態が続く話しです。もちろんこの結婚話しが上手く行くはずもありません。結末も誰もが思ったとおりの話しです。 と言う妄想炸裂の小説です。スゴイものを読んでしまった、というのが1番の感想です。解説に何故か阿川佐和子さんで、これまた非常に面白い解説です。 私が特に強調したい感想はただ1点でして、それは「武者小路実篤先生は割合本気で書かれているのか?」という事です。この小説の<私>のなりきり方はちょっと、というか、かなりの妄想癖のある方でないと想像できないくらいの重症度を感じますし、文章の構成も恐いくらいにストレートで作為をあまり感じられません。ということは、物凄く表現豊かで想像力がたくましく、それでいて作為を隠せるほどの自然さを装うテクニックの持ち主であるか、まったくの天然でほぼ実体験を書き表した、のどちらかだと思うのです。前者だったらスゴイけれど、後者な感じがする、そんな武者小路実篤先生の違う作品を読んでみたくなるような、ならないような、とても微妙な感じです。 ただ、この作品を「お目でたき人」というタイトルにしているのは前者のような気もさせる、そんな不思議な作品です。 私が連想したのは「現実入門」 穂村 弘著 光文社 です、ちゃんと計算されたものではありますが、実篤ウィルスに感染されていると私は思います。評価はともかく、とてもはっきり好き嫌いが分かれる作風だと思いますから。ただ、作為はちゃんとある、と私は思います。 穂村 弘さんがお好きな方、普通に見える人の中にも異常性が潜んでいなくも無い事を確認してみたい方に、自分の嗜好にアブノーマルを認めてしまっている人に(この本を読む事で客観性を持つ目が芽生えれば謙虚になれると思います)、オススメ致します。 2009年 2月

2年前

15c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2faIcon user placeholderBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b
真理先生

真理先生

6ad2a32e 9d2a 416b b167 0d13bc4202da

早川洸

もっとたくさんの本を読みたいです…

人間の醜い内面を描く小説が多い中、この小説には「いい奴」しか登場しません。著者の性善説的な考え方がよく反映されています。現実世界ではあり得ないでしょうが、たまにこういう作品を読むとほっとします。

3年前

B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4Icon user placeholder6443e8e8 9cb3 4b65 a5ac 89fca2e8e3ea