51qvu nrbtl

「悪いことをする→反省させる」は逆効果! 累犯者は「反省」がうまい。本当に反省させるなら「加害者の視点で考えさせる」方が効果的――。犯罪者のリアルな生態を... 続き

コメント

非行や犯罪をした人に対して反省文を書かせることはさらにその人をさらに悪くしてしまうと警鐘を鳴らす。よくあるように被害者の立場で語らせるとうわべだけの反省になりしかも回を重ねるごとに周りが納得する反省文を書くことだけが上手くなるという皮肉。むしろ加害者の立場で語らせることでその人の怒りや淋しさを表出させる方が有効であると。
読んでて理解できる内容。誰にでも使える手法なのかは疑問だが、このような考え方を持っておくことはとても重要である。

その他のコメント

自分もやりがちな、結局子どもから「ごめんなさい」を言わせるがための指導。
この問題点について、犯罪者更生の視点から書かれている。
著者が他人の車にぶつけてしまったときの素直な心情は、確かにと頷いてしまった。
結局自分が一番かわいい、人間という生き物にとって、はたして言葉だけの「反省」や「謝罪」にはどれだけの意味があり、持続性があるのか。

この本を読んで自分が変わったことは、「どうしてそんなことをしたのか」との“結果”を聞かずに、「なにがしたかったのか」との“経過”を聞くようになったこと。
子どもは不完全な生き物。
失敗から学ばせてあげたいと改めて思った。

ただ反省させるだけでは表面的で作られたものしか残らない。本当の反省は、過去を振り返って自分自身を見つめ、様々な否定的感情を整理することで得られる。刑務所だけではなく、家庭や学校教育などあらゆる場面でこの考えは必ず役に立つと思います。

読者

7bb0144f e053 4323 a03b 7979d33a1ca015c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2faF08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d2880d78a8d 4fad 404b bcde 000f7c2392e30c380149 1d06 481a bccc 789b525fe1bf79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bdF9440f56 0692 4aa5 957a e4e0e31548663fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b 8人

岡本茂樹の本