41ri4r3q7wl

1939年のナチスとソ連による相次ぐポーランド侵攻。このときソ連の強制収容所に連行されたポーランド人画家のジョゼフ・チャプスキ(1896 - 1993)は... 続き

コメント

1940-41年、ソ連の強制収容所に収容されていたポーランド人画家が、零下40度の極寒と監視下で記憶だけを頼りに行なった『失われた時を求めて』の連続講義があった。奇跡的に「カティンの森」事件を回避し解放されたのち、同房者2人が残した口述筆記のノートから著者が再現したプルースト論にして、人間の尊厳を守った魂の記録。原題は「堕落に抗するプルースト」。開いたら途中で閉じることができずに一気に読んだ。

その他のコメント

失われた時を求めて、を読んだことはないんだけど一気に読了。

複製された密に文字の書かれたメモ、それぞれのテーマ、引用される文章、一切の調べる術もないところでこれだけ記憶されている著者の素晴らしさに感服。

本を読む喜びを感じた。

ドガやボナール、ピカソもその時代なんだな〜
ボナール展にますます行きたくなった。

読者

E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a7df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91bC64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b 3人

新刊

鬼人幻燈抄

鬼人幻燈抄

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

SNSから産まれた作品らしかった。 ライトノベルとも違う不思議な感じだ。 テーマは重い。 登場人物に、少し思い込みが過ぎる気がするが、最後まで読んでみなくてはわからないと思う。

約6時間前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656Ed56f445 daa3 45bb 8236 00ec7f9edddaCe97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8 8
インド倶楽部の謎

インド倶楽部の謎

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

作家アリスシリーズはよく刊行されていますが、国名シリーズは久しぶりです。 まあ今作はなんというか、こんなのもアリといえばアリなのかなあ、という作品でした。

約8時間前

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e639461a2 6c89 4d7a 89a5 f44447e44c34 8
時限病棟

時限病棟

3c43f690 c23e 4772 abcf 5cb4e3814b29

くらん

高校3年生♀ 【小説】ミステリ…

病棟シリーズは知っていたものの購入まではしておらず、これのみ購入しました。 ところどころイラストや見取り図が記載されており、状況の想像もしやすくて面白かったです。

2日前

562ef21c 005c 455a 8bf4 e7c78c7e4dbc6336f888 e4c0 4c88 9eb2 3a4fefb62300Eac2ac38 0cbb 4294 b89d 9d5cef380ed4 36