Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51ouxkexivl

初恋、結婚、別離…ドラマはいつも口紅とともに。角田光代書き下ろし短編小説。 続き

コメント

あなたにもらった紅を引き、
ちがう誰かとキスをする。

読者

E0847e01 2d22 4357 9d04 e6c28170c4c848b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988

角田光代の本

41odvnuovvl

八日目の蝉 角田光代

C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b

Eiji Kobayashi

こヴィ。編集者・ライター

やはり傑作ですね。。。気づいたら単行本出てからもう10年経っているが、小説としての深さと問いかけの強さはまったく失われてない。文庫版の池澤夏樹の解説も興味深い(「これは相当に過激なフェミニズムの小説なのである」)。映画は未見なので見てみたい(やはり構成はかなり違うらしいですね)。

24日前

50702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f168b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9D41068d7 ce14 4c37 9bcb 46deb28e8826 49
51krfylfvul

ベスト・エッセイ2017 角田光代

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

佐藤究さんの「勝負師のスパイス」というエッセイが面白すぎる。若い頃、通い詰めていたカレー屋の味を再現しようと、S&Bディナーカレーに様々なスパイスを加え、試行錯誤する話なのだが、結末が衝撃的。たった2ページちょっとの文章だが、その虜になり、何度も読み返してしまった。

約2か月前

648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07bE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f