51ouxkexivl

初恋、結婚、別離…ドラマはいつも口紅とともに。角田光代書き下ろし短編小説。 続き

コメント

あなたにもらった紅を引き、
ちがう誰かとキスをする。

読者

E0847e01 2d22 4357 9d04 e6c28170c4c848b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988

角田光代の本

61xejuwhg%2bl
D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9

イトウ

学生

風美子のようなひとは、こわい。変わっていく世の中で、取り残されるひとと変わっていくひと。後ろよりも前を見て歩いていきたい。

約24時間前

411ri0v0f1l
B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

沢山の本が読めますように。

角田さん家のトトはんのエッセイ。写真もあるので癒しの一冊。短編小説の「任務十八年」を、ちゃんと文章で読みたいと思っていたので良かった。

28日前

41upqtwewql
0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

とても良かった。毎年夏にあるキャンプが小さな子供達の記憶の中に染みていて、それをめぐる大人達が嫌な存在から読み進めるうちにどんどん理解できる様になる。

3か月前

41pq1366fbl
55630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd5120

Ayamura

本は通勤の友

子ども時代にある、女子のグループ、大人になってからの人間関係。 三十代半ばの二人の女性の視点の今と、回想のように挟み込まれる、高校時代の出来事とが描かれている。 心理面が過去から今へ繋がっている。 リアルに、あまりに上手に、人と人との関係、微妙な雰囲気の動き、気持ちの動きが描かれている作品。 少女時代と変わらぬ悩みも持ち続けている大人は多いのだと思う。 ーー本文引用ーー なんのために歳を重ねたのか。 なんのために歳を重ねるんだろう。 なぜ私たちは歳を重ねるのか。生活に逃げこんでドアを閉めるためじゃない、 また出会うためだ。 出会うことを選ぶためだ。 選んだ場所に自分の足で歩いていくためだ。 ーーーーーーーー

4か月前

2dac5629 77a8 49f8 af96 b6cea7a039a56f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aa