51a24ag1a l

コメント

「一に好奇心、二に好奇心、三、四がなくて、五に尻軽さ」とは、社会学を学ぶのに向いているのはどんな人でしょうか、という古市くんの問いに対する上野千鶴子氏の回答。
人が好きで、だから人と人との間で起こる問題や不思議が気になって、社会学を専攻していたものの、で、社会学って結局は何??議論しても最終的には、多様性を認めよう、でしか締めくくれない歯がゆさ(というか、自分の無知、浅慮)。大学4年間を終えて手にしたのは、更なる訳のわからなさ、どうにも出来なさだったわけで。4年間わたしは何を。。。となる今。この本が、わたしが気になっているものやことは無意味でなかったと、支えてくれている、、、気がします。

その他のコメント

従来、学者という職業は馬鹿とバレてしまったら終わりなので仰々しくトートロジーを並べたり、自分の意見を述べずに相手を鼻で笑ったりするものだが、この学際的なテーマを古市憲寿のキャラクターが可能にした一冊。ザックリと低価格で12人の社会学者の主張が読める、コンビニ本。

読者

03384187 60ce 41bd 8693 20bc4d018c51Ac1d5f94 b6a9 40e6 b076 dbc4248fdcf3Icon user placeholder73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5fB6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2Icon user placeholder5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16 18人

古市憲寿の本

社会の抜け道

社会の抜け道

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184

ひろむ

月に7冊以上、年間では85冊読破…

2019/1/14読了 IKEAやコストコに行って消費社会のことを考えたり、保育園を見学して少子化や保育園と幼稚園を統合しようとする動きのことを考えたり。現実的に直面している事例を通して、これからの日本の「社会」がどうなっていくのかを、社会学者の古市さんと倫理学者の國分さんが対談している本。 それぞれが留学していたフランスや北欧でのワークライフバランスとの比較論とか、なかなか面白いんだけど、別にこれ読んだからといって、すごく目新しい視点とか気付きとかは得られない。 北欧では小さな頃から自分達のことは自分達で決めさせられる教育を受けるけど、日本人は教室の中の小さなことでさえ、自分達ではなかなか決められない。そういう自己解決・決定の精神が幼い頃から培われないから、大人になっても批判はしても自分で動かない人が多い、というような話が出てくるんだけど、そういうところ確かにあるなぁと思った。

7か月前

平成くん、さようなら

平成くん、さようなら

85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf6

keikeikeita

自動車業界勤務のひよっこ生産技術…

古市さん自身の思想が語られている小説だったと思う。その思想は面白いけど、小説としてはつまらない。

9か月前

Icon user placeholder427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f 93
誰も戦争を教えてくれなかった

誰も戦争を教えてくれなかった

2c5dd3c5 106f 4b48 b59a 191e30b88287

KJAR

山散歩と本と音楽。旅と写真

古市さんの本を初めて読んだ。二つのおもしろさ。ひとつはSNSのハッシュタグを思わせるような脚注の使い方に代表される、同世代ならではの語り口。どこか朝井リョウを思わせる。そしてもうひとつは社会学者ならではのテーマの横断の仕方が読み応えを感じさせると思う。ただ残念な点を言えば、なぜ「誰も戦争を教えてくれなかった」のかがスッキリしないところ。タイトルのインパクトを狙いすぎて、本書の内容とすこし乖離ができてしまったのではと。

3年前

9a4edd1d 778e 48fe 9bb5 8202a6583d81Fe47cc3d bc5c 494d a240 b7a4a9b8a6f5F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124