5135m2s9qzl

発行元から

日本には現在もなお、無尽蔵と言える古文書が未発見・未調査のまま眠っている。戦後の混乱期に、漁村文書を収集・整理し、資料館設立を夢見る壮大な計画があった。全国から大量の文書が借用されたものの、しかし、事業は打ち切りとなってしまう。後始末を託された著者は、40年の歳月をかけ、調査・返却を果たすが、その過程で、自らの民衆観・歴史観に大きな変更を迫られる。戦後歴史学を牽引した泰斗による史学史の貴重な一齣。

目次

第1章 挫折した壮大な夢
第2章 朝鮮半島の近さと遠さ-対馬
第3章 海夫と湖の世界-霞ヶ浦・北浦
第4章 海の領主-二神家と二神島
第5章 奥能登と時国家の調査
第6章 奥能登と時国家から学び得たこと
第7章 阪神大震災で消えた小山家文書-紀州
第8章 陸前への旅-気仙沼・唐桑
第9章 阿部善雄氏の足跡
第10章 佐渡と若狭の海村文書
第11章 禍が転じて福に-備中真鍋島
第12章 返却の旅の終わり-出雲・徳島・中央水産研究所

網野善彦の本

日本中世に何が起きたか 都市と宗教と「資本主義」

日本中世に何が起きたか 都市と宗教と「資本主義」

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

復刊。最近話題の呉座勇一による解説は、網野がいかに学界から冷ややかな視線を浴びて死んでいったかを淡々と述べたあと、彼の後期の学説を進化とみるか退行とみるかを読者に委ねています。収められている小論『中世の音の世界』。太鼓・ひょうたんなどの楽器が当時果たした役割のほか、風聞・うわさ(コミュニケーションがもたらす負の側面であるこの現象、非常に最近関心があります)、高い声を出すことが狼藉とされていた理由などが述べられていて、ああ、これ、ものすごく大事な話だ。学界の評価なんかどうでもいいや。

1年前

無縁・公界・楽―日本中世の自由と平和 (平凡社ライブラリー (150))

無縁・公界・楽―日本中世の自由と平和 (平凡社ライブラリー (150))

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

刀狩りに続いて我々の過去の姿をもう少し掘り下げたいと思って。 日本の中世社会の見かたを変えたと名高い作者だけど不勉強故に読んだことがなく... 従来、マイナスイメージでしか無かった「無縁」や「苦界」が実は公権力からの支配を逃れた自由な世界「公界」であるとし硬直的なイメージである日本中世が自由のある世界でもあった、ということを述べたもの…かな。 ちょっと学術寄りというか証明がくどいのと表現が固い、そして引用が原文のままなので理解がなかなか追いつかない部分もあってもどかしかった。最近、日本の歴史については諸々見直しが進められており、特に中世においては身分を含めかなり自由奔放な世界でもあったという見方がされているようであり〜自分もそのように思っているが〜その嚆矢として重要な著作ではあると理解した。

1年前

歴史を考えるヒント

歴史を考えるヒント

Ace72860 bdb3 4005 8acb 83ba616ee34f

tomakomai47

割となんでも読みます

網野さんの本の中でも特に読みやすいとおもう。「日本」という国名は689年の浄御原令で決まったっぽい。という話など知らなかったエピソード多数。

3年前

Icon user placeholder22c9f424 435a 479b 99e8 8f66ce6199530023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c 8