316jr6x 9vl

コメント

「一人でいる人」は、ふとしたときに自分の日々がこれでいいのかなあ?と、悩みを持ってしまいがちです。そんなときに台所のラジオかがつぶやくところから、なにかが変わってゆきそうに動き始め、だけどやっぱり変わらないかも…という、いわば「きっかけ」の物語に思えました。
各話で食べものが出てきて、おいしそうかも、とそそられるものの、なんとなく「これから食べるぞ」というような感じで、それこそ味も食感も、そして話も読者に委ねられているようでした。
そんな風に考えたのもあり、おもしろい、というよりは、もどかしさがいとおしい…そんな読後感です。

その他のコメント

これもゆっくり読みたい。なのに読み始めると止まれない…。

ゼミ課題。「限定された時間の枠」の象徴のようなラジオ番組を軸に、交差したり、どこかでふとぶつかったりする人々の生活。やさしくありながら、吉田さん(というより、クラフト・エヴィング商會?)らしい語感がちょっと不気味でファニーな短編集でした。

読者

Fae951d2 0c0e 4d8c 85d6 f209beba90c462433824 447f 4f3d a77e 0bd820e33f8bB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb00279772bd644d ce2a 40d6 a7ac 8e86ff408f8f77f1c792 64d8 404c b0af fee18a57870851e74cd7 4f72 45f3 af9f 70da016f5dfb2f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fc 9人

吉田篤弘の本

41bpxoknwjl
F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9

風見鶏

好きなものを好きなように

別離により分断された国の中にある、小さな北の街キノフ。 そこでは言葉が凍り付き、パロール・ジュレと呼ばれる物質になるという。 そんな不思議な現象を探る為にキノフに派遣された諜報員、十一番目のフィッシュ。 彼は紙魚であり、本の中を自在に泳ぎ回る事ができ、また本の中の人物に変貌することができた。 そんな彼をはじめとし、パロール・ジュレに魅せられた人間達の物語です。 フィッシュを追う刑事ロイドの思惑や孤独。 水晶の目を持つ謎の女レンが漂わせる秘密や怪しさ。 パロール・ジュレを解凍し、凍り付いた言葉を拾い上げる解凍師たちの誠実さや孤独感。 キノフに住まう人々の雑多な感情。 それらがいかにも思わせ振りで謎めいています。 ドキドキするような謎ではなく、じんわりと不思議だなあと首を傾げたくなるような。 魔法めいた事柄のなかに謎がありゆっくりと紐解かれていきます。 ファンタジーのような世界観ですが妙に現実的です。 フィッシュの淡々とした語り口は、そのままキノフの淡々とした、少し冷たく、雑多で、優しい雰囲気に上手く溶け込んでいくように思えます。 街の中に流れる時間は美しく優しく寂しいです。永遠にそうなのではないかと、勘違いしたくなるほどに。 人々が凍結した言葉を解凍したときに、世界はかわるのでしょうか。 最後の最後、やっと辿り着いた結末にじんわりしました。 凄く好きな本です。 汚らしいものと美しいものが混在している世界なのに、穏やかで冷たい美しい雰囲気がたまりません。 文庫化された際に改題されましたが個人的にはこちらの題名のほうが好きです。

6か月前

31bi65ynubl
93184383 59e1 4695 ad70 9d281395b0c9

fs

91年生まれ。理学療法士。

曇天先生が絵の中を冒険する。 現実と絵の中との境目が曖昧に書かれていて、その曖昧さが心地いい。 時間と空間が混ざり合っていく。 また、50歳ということも1つのテーマとなっているみたい。

6か月前

9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1A26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67ebD6bcc074 cee6 4950 90a5 fba828377598 10