Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51zaazc6iul

もうひとつの「カーネーション」がここにあった! 日本統治下の1930年代の台湾に「洋裁」に夢を託した少女がいた。『主婦之友』『婦人倶楽部』…日本の婦人雑誌... 続き

コメント

最終章、晩年の主人公のおしゃれな姿の写真が忘れられない。日本統治下の台湾に生まれ、日本の洋裁雑誌を読んで手に職をつけ、戦後台南で洋裁学校を設立し(そして閉じ)た女性の一生を、その息子が振り返る。訳者解説に書かれている通り、日本人だとどうしても日本統治時代に関心が行きがちなところを、その後の長い戦後を丁寧に追い、そして一族の歴史を振り返る形で清の時代の台湾にも触れている。すぐ読める、短い、可愛らしい本ながら、相当に吟味された歴史叙述観が感じられる。それは著者の見識であるとともに、母と母らが生きた時代への敬意であるのかもしれない。

その他のコメント

NHK朝ドラ「カーネーション」が好きだった人は、楽しめると思います。台湾版「カーネーション」ですね。

あと、台南という街の路地の移り変わりを余すところなく伝えているので、
それはそれですごいなーと思う反面(下手な戦前の在台の日本人が描く台湾小説よりよっぽどよく書けている!)、
個人的に台南という街に行きまくっているので、
路地の詳細な説明をたやすく理解できるけども、
例えば台南に行ったことのない人が、
その箇所を見て、どこまで想像できるのだろうか……。
そんなところが、気になりました。

ただ装丁が素晴らしく、文字のインクまでセピア色にしていて、
デザイナーさんのセンスの良さを感じました。

読者

6323d1bd 3212 4885 b9b3 0d182748c34167eac746 bb24 4280 83dd 45fe895a7c8a0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae1cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d 4人

文学

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐

鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐

F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3

ねこ

主婦になって本屋に行く機会も減っ…

生活の中で自然と神を崇め神の技を身近に感じ信仰を持って生活している世界で、現代にも通じる医療の技術の発展を目指す者たちもいて、医療とはそんな葛藤とともに進歩したのかと感じました。 病に罹った者と病を治すもの者、2つのストーリーがこの後どう繋がって行くのか下巻への期待が膨らみます。

1日前

B1af5e4a 6068 44f8 b225 e7a3c57043909fe8e8e1 8d7c 4371 b80a 1b563b3dd7cb835fa5fe 09fa 49fb 8cab f52ee684e1e5 64