Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51zaazc6iul

もうひとつの「カーネーション」がここにあった! 日本統治下の1930年代の台湾に「洋裁」に夢を託した少女がいた。『主婦之友』『婦人倶楽部』…日本の婦人雑誌... 続き

コメント

NHK朝ドラ「カーネーション」が好きだった人は、楽しめると思います。台湾版「カーネーション」ですね。

あと、台南という街の路地の移り変わりを余すところなく伝えているので、
それはそれですごいなーと思う反面(下手な戦前の在台の日本人が描く台湾小説よりよっぽどよく書けている!)、
個人的に台南という街に行きまくっているので、
路地の詳細な説明をたやすく理解できるけども、
例えば台南に行ったことのない人が、
その箇所を見て、どこまで想像できるのだろうか……。
そんなところが、気になりました。

ただ装丁が素晴らしく、文字のインクまでセピア色にしていて、
デザイナーさんのセンスの良さを感じました。

その他のコメント

最終章、晩年の主人公のおしゃれな姿の写真が忘れられない。日本統治下の台湾に生まれ、日本の洋裁雑誌を読んで手に職をつけ、戦後台南で洋裁学校を設立し(そして閉じ)た女性の一生を、その息子が振り返る。訳者解説に書かれている通り、日本人だとどうしても日本統治時代に関心が行きがちなところを、その後の長い戦後を丁寧に追い、そして一族の歴史を振り返る形で清の時代の台湾にも触れている。すぐ読める、短い、可愛らしい本ながら、相当に吟味された歴史叙述観が感じられる。それは著者の見識であるとともに、母と母らが生きた時代への敬意であるのかもしれない。

読者

6323d1bd 3212 4885 b9b3 0d182748c34167eac746 bb24 4280 83dd 45fe895a7c8a0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae1cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d 4人

文学

りかさん

りかさん

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

自分の本棚の前で立ち読みしてしま…

「からくりからくさ」で登場したお人形「りかさん」登場秘話です ようこは誕生日に「リカちゃん」が欲しいとお婆ちゃんにお願いしたのに、誕生日に送られてきたのは、真っ黒い髪の市松人形の「りかさん」だった。がっかりした、ようこだったがこの「りかさん」は、不思議な力を持っていた。ようこちゃん、可愛い。昔から性格変わってないのに、ホッコリしました。 お婆ちゃんの話すお人形の役割に、納得。名台詞です。

約4時間前

病弱探偵 謎は彼女の特効薬

病弱探偵 謎は彼女の特効薬

Ad47faf1 f79d 468f 9bd2 444ce25056fe

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

6話からなる連作短編集 主人公の山名井ゲンキは病弱な幼馴染の貫地谷マイのために 学校で起こる不思議な事件を話して聞かせる マイの唯一の慰めはベッドで謎を解くこと 万引き事件、持ち去られた短冊、着替えられた浴衣、妨害された応援合戦、何度も借りられる図書、音痴になった事件 それぞれをマイが解き明かし ゲンキが関係者に話をするというパターンが出来上がっている タレーランを書いた作者なので あんな感じで 読みやすいです

約7時間前

この世でいちばんすばらしい馬

この世でいちばんすばらしい馬

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

絵がかっこいいな、と思って手に取った絵本です。絵本で描かれているのは昔の中国。画家のもとにある日ひとりの武将がやってきて、いくさのために気性が激しく勇敢で力の強い馬を一頭描いてくれないかという依頼が。画家はその依頼を引き受け挑戦しますが出来に満足できず、馬の絵を燃やそうとしたところ炎にくべた絵の中から馬が飛び出してきます。武将はその馬に乗っていくさに行き敵を倒していきますが、肝心の馬は泣き出してしまう…。感想なかなか出づらい、言いにくいのですが、作者の魂が絵に乗り移った感じが伝わってくるような。絵の迫力がすごいです。

1日前