516oh4kme3l

1テーマ1見開き。日本人の知らない世界の価値観が見えてくる。あいまいな知識や情報がスッキリつながる決定版。 続き

コメント

安定のナツメ社図解クオリティ。なぜそこまで命について考えるのか。

読者

25aebb23 5307 4102 b1e8 4d814866cac3

橋爪大三郎の本

クルアーンを読む カリフとキリスト

クルアーンを読む カリフとキリスト

2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed

sasamiwa

ソーシャル系の企画・広報やってま…

イスラムを少し勉強してみたいと思って読んでみた。キリスト教も、イスラム教も、ユダヤ教も基本構造や性質をは一緒で、アダムから人類が生まれたとしているなんて知らなかった。 また、イスラームは死んだあと、天の使者に生前のことを聞かれて、ちゃんと答えられないといじめられた後寝ちゃうそうです。で、最後の審判の時にむくりと起き上がる。 予言者や偉い人はそのまま天国へ直行できる。 ジハードは、死んでいるように見えるが、死なずに天国に行けるという。だから、喜んでジハードで死ぬ人がいるそうです。 キリスト教はイエスを信じるか、そこが一番大事なところで。ユダヤ教は、それが出エジプト。それぞれお祭りがあるが、イスラムはそういうことはない。 衝撃だったのは、最後の審判の日、ペット(全ての動物)がどうなるかと言うと、生ゴミとして処分されると言う!ひどい!!涙 2018.01.05

11か月前

正しい本の読み方

正しい本の読み方

6db0fa62 482e 4488 b0d5 0d85cc0f4dc5

Kawashima Yuya

のんびり生きてる人。

本の読み方、というと速読法とか技術の話なのかと思っていた。そうではなくて、本を読むときはその背景や他の本との関係性を読み取ろう、とか、本との長い付き合い方、本の楽しい読み進め方を教えてくれる本でした。特に新書を読む際は活かしやすいかもしれない。文体が柔らかく、久方の活字!という私でも楽しく読み進められました。読書をもう一度趣味にしよう!と思っている私のような人にぴったりの本。

1年前

Icon user placeholderAcbc8eb4 6e36 406c a692 aaac29d33c8c25edfd0f f9a6 40d8 891b f956daeffca5 39