51hvhh2mrkl

私はたぶん泣きだすべきだったのだ。身も心もみちたりていた恋が終わり、淋しさのあまりねじ切れてしまいそうだったのだから-。濃密な恋がそこなわれていく悲しみを... 続き

コメント

読みたくなるタイトルをつけるのが上手いと思う。

悲しみの前には必ず幸福がある。そして甘い関係は性質上長続きさせることができない。だから、溺れ始めた時点で、幸せと満足と喪失の悲しみが押し寄せる。

江國香織の文は好き。ただ出てくる女が嫌い。

短篇集。12篇とも同じ温度でした。諦観に似たようなもの。喪失、だけど確かにそこに実在していたもの。悲しみを通過する時。

この本を読み始めてから、一年近く経っていました、随分ゆっくり読んだな。

あとがきに書かれたフランソワーズサガンの引用がすごい好きで、それを読んでからまた本編を読み直すとより深いところまで感じれる、気がする!

うまくいかないという日常に膿んだ男女の話12通り。

大地震を起こして世界中を皆殺しにすることができないなら、考えても無駄だ。世界の中で、やっていくしかない。58

難しい。どうやって読めばいいのかよくわからなかった。大人になったら上手に読めるようになるのかな?

読者

Icon user placeholder08f81433 e9c8 44aa b61d d679eb2ef13116ffd0af 7188 4a79 9aec fed76326f4da28152936 0cef 4431 8f58 9f531d6d7601F63147cb 9f63 4964 bfe3 ad289fe470b1101f1fe9 aebc 4e49 9b39 0cd04b237a211d813434 4499 4c3d 9919 d89a274d467aF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 50人

江國香織の本

号泣する準備はできていた

号泣する準備はできていた

B0f9209d aa6d 4ae3 bf15 9b0e65096a98

すのう

夏目漱石、芥川龍之介、伊集院静、…

喪失するには所有が必要で、所有をした時点ですでに号泣する準備はできている。 なんでそんなにかなしいのよ 所有したことに手放しで喜べないってなんなのよ 納得しちゃうじゃない

7か月前

B51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e2147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e84bc05e8 c086 4730 8280 90cd749500af 10