51hvhh2mrkl

私はたぶん泣きだすべきだったのだ。身も心もみちたりていた恋が終わり、淋しさのあまりねじ切れてしまいそうだったのだから-。濃密な恋がそこなわれていく悲しみを... 続き

コメント

読みたくなるタイトルをつけるのが上手いと思う。

その他のコメント

悲しみの前には必ず幸福がある。そして甘い関係は性質上長続きさせることができない。だから、溺れ始めた時点で、幸せと満足と喪失の悲しみが押し寄せる。

江國香織の文は好き。ただ出てくる女が嫌い。

読者

37f87149 0949 4d97 bf15 b717e012bddb5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be8a9529f8 840f 4f53 991c 67fb087ae70aIcon user placeholder08f81433 e9c8 44aa b61d d679eb2ef13116ffd0af 7188 4a79 9aec fed76326f4da28152936 0cef 4431 8f58 9f531d6d7601F63147cb 9f63 4964 bfe3 ad289fe470b1 53人

江國香織の本