617pwdempfl

人の記憶を取引する店で働く良平と健太。謎の歌手「星名ひとみ」の素性を追う二人は、その過程で「医者一家焼死事件」と、星名のために命を絶った男「ナイト」の存在... 続き

コメント

読者

E458d4c3 ece0 4f33 8a16 2bfbf9903e1fE8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31aIcon user placeholder62463ccd 4ec3 4c2b 8f9a 337c41b63399733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaacIcon user placeholderD805b8ff e051 40ae bb2b 3f22621da16e 9人

文学

カインの子どもたち

カインの子どもたち

007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264

empty

プロフィール

序盤から中盤は退屈な気分になる。 内面描写への違和感? 中盤からラストまでは面白かった。 こう落ち着きそうかな、と感じた部分が 二転三転する辺りが。 今まで読んだ事のないテンポだと思う。 将来が楽しみな作家さんといった感じ。

約10時間前

現代語訳 古事記

現代語訳 古事記

Cf4dd265 7147 4205 b702 53f099eeb716

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

あの「草の花」の福永武彦がこんなに楽しく読みやすい古事記を書いてるなんて、意外だった。それにしても、解説で山本健吉が本居宣長の「古事記伝」を延々と述べているのも楽し⁈かった。

1日前