51k3mfbkksl

今多コンツェルン広報室に雇われたアルバイトの原田いずみは、質の悪いトラブルメーカーだった。解雇された彼女の連絡窓口となった杉村三郎は、経歴詐称とクレーマー... 続き

コメント

まだ学生だったときにハードカバーを購入して、一夜で読み終えた記憶がある。タイトルの「毒」ってなんなんだろう?と疑問に思いながら読んでみると、「毒」なんて一言で表せないほどの人間の本質が描かれていた。何が誰にとって「毒」になるのか、それは本人にしかわからないことだと思うけれど、形も名もない毒だからこそ心の奥深くを突き、その人の本質を知るきっかけにもなってしまう。登場人物すべてが知らないだけでどこかに居そうな人たちばかりだからなのか、ページをめくる手が止まらなかった。

安心して読み進められます。
プチ原田いずみさんみたいな人いるような…

人の心に棲む毒。そしてそれが蔓延というか伝染していく世の中。薬品ではない、まさに名もなき毒と、一方にある確かな希望。たとえ分厚くとも一気に読んでしまう、さすが宮部みゆき!

逆玉の輿杉村さんが活躍する第二弾
読み終わった後色々考えさせられる宮部みゆきさんらしい作品でした

主人公の元に現れる理解し難い行動をする女と連続無差別毒殺事件とが絡み合う展開。
毒殺された孫の女子高生と主人公、そして女と犯人、一体何処でつながるのか気になりながら読み続けると意外なところで同じ場所で鉢合わせ。その場面では強い憤りを感じたが意外な人の活躍で解決に結びついた。
犯人は許せないが人への思いやり、優しさには目頭が熱くなった。犯人の周りにいる大人はイイ人ばかりだったのにそのような行動をしてしまったのには非常に残念な感じだった。
主人公は女子高生や周りの人が言うように探偵になるのだろうか。ならないだろうがなったら面白いのにと思った。早く続きが読みたいと思った。

隣人の悪意、毒
起こらなそうで起きるのかも

読者

B6426b38 e2bd 494a 9129 a110b99cf27d0baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536aA2ec5ba0 a95c 4635 ba19 e15e98262e78642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df743461f976 7283 4644 a020 6250675cff380539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee3590b799 a9c8 44d3 8631 92299c7033e3D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c 20人

宮部みゆきの本

<完本>初ものがたり

<完本>初ものがたり

4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f

chat0604

ミステリーが特に大好きです

大好きな本。何度繰り返し読んだ事か。ミステリーとしての面白さもさる事ながら、掛け合いの楽しさ、人の温かさや切なさ、全てが詰まっています。読後感は爽やかで、何度読んでも「ああ、いい本を読んだ」と出会えた事に感謝します。続編を強く希望!!

2日前

733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac4c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d6353E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0
過ぎ去りし王国の城

過ぎ去りし王国の城

681218a9 ecf3 48b8 921b 1f66eefff9a9

ももチョップ

( ̄(工) ̄)

みんなほんとに助けたいと思ってる。塔の中のお姫様。自分が有無を言わさぬスーパーヒーローだったらいいんだけれども。ファンタジックに健気な冒険譚につつみつつ現実的な沈んだ気持ちになる問題に向き合ってる作品だなーとおもう。

11日前

A3ee524c 8c2a 43ec ac8e 647418b20896Lbb1pwey normal9807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef4 17