510kev93oal

刀は武器でありながら、芸術品とされる美しさを併せ持ち、のみならず霊気を帯びて邪を払い、帯びる武将の命をも守るという。武人はそれを「名刀」と尊んで佩刀とし、... 続き

コメント

名刀にまつわる物語を描いた短編を集めたアンソロジー。一本目の浅田次郎「小鍛冶」が一番印象に残っている。元は黒後家蜘蛛の会的なシリーズの一編らしいので、そのシリーズも読んでみたい。

読者

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

文学

文庫 女盗賊プーラン 上

文庫 女盗賊プーラン 上

06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb67

コワルスキー

ブックオフに生息してます。

壮絶な人生。 テンプレ的なクソ野郎が勢ぞろい。 ノンフィクションなので、救いもない。 プーランさんは本当に普通の人 どうしてもここまで酷い仕打ちを受けないといけないのか。 プーランさんは本当に成長するけど現実の暴力の前に対する成長の無力感は悲しかったです。 下巻がすごく気になります。

約13時間前

E860fe77 0edc 43a3 bd14 077ec9fdf6459a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff
宝島

宝島

Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141

はる

、。

沖縄は複雑だ、この作品のおかげで、どの登場人物にも心動かされるし、 沖縄の歴史を知らない若い人も、意固地になってしまってる、上の人も 見てほしい。 目に汗が熱い

4日前

Icon user placeholder94c036c0 adbc 4c28 9dc8 6b5c563bea90Icon user placeholder 65
ライフ・ゴーズ・オン

ライフ・ゴーズ・オン

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

“なにかの外側にいるような感覚。忘れかけていたけれど、ぼくはここ以外のどこにも存在したことがない。その意味で、つまり自分の居場所を確認するという意味で、嘘をつくのは最悪じゃない。最悪なのは嘘が報われないことで、もっと悪いのは嘘が報われることだ” どこにも行き着けない現実と、取り返せるはずもない“人生の負け分”。重ならない夕焼けにせめて、同じ名前をつけることが出来たら、別の何かを選べていたのだろうか。主人公がずっと、所在なさげに佇む夕方の子どものままに思えて、あらかじめ奪われた未来を考えてしまう。 東山さんの作品はどれも素晴らしいが、本作の重たい感じに直木賞の片鱗を味わせて頂いたような気がする。クールでシニカル、胸のすくようなユーモア、カッコいい小説が読みたいならこの人に決まってる。

5日前