517uwjpc1tl

著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切... 続き

コメント

昭和12年。随分と昔である。時代を感じさせる言い回しはかえって新鮮であるが、今も変わらないものが見て取れるのは驚きでもある。やたらと話題になっていたので手にしてみた。結論を言うと大正解であった。時空を超えて著者から「どう生きるか」と問われているかのよう。私もかつてはコペル君であった。今は年齢的に叔父さんであるべきだろうが、心の中のコペル君に響いてくる。他方、今のコペル君に何を話してあげれるかも考えてしまった。漫画版も良いかもだが、ワタシはこちらを推す。

その他のコメント

まさにこのアプリで知った一冊。

優しくも力強く、しかし決して恣意的にではなく自己を顧みるきっかけを与えてくれる。
多くの人がこの本を読んだら世界はもっと美しくなるに違いない。
出会えてよかった。

読者

64910be9 057a 4a86 ace1 a73ce9c9dcc0C391ee8e 4de3 4dcc bea6 83ce85bba15fEed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dc1eb00c1e 9037 4dd8 ab18 13d6b9963c2cIcon user placeholder5f2cc981 6491 4f27 9a38 0469c789c8b8Icon user placeholderE678e548 e934 443f b1ad 9f6714f1a26c 131人

吉野源三郎の本

君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa

高橋太介

最近読書の素晴らしさに気がつき、…

本書の対象年齢は小学校高学年からとありますが、今を生きる大人にこそ読んでもらう価値があると思います。 主人公・コペル君はもちろん、その友達の成長には胸打つ覚悟や輝かしい希望を感じます。 その一方で、その子どもたちを見守る大人の姿勢はどうなのかと感じさせられました。特に、おじさんの学びへの気構えにははっとさせられました。言うことを聞かせることが教えることではなく、本人の意志が込み上げる物こそ真に支えてやることこそ、大人の役目なのではないかと。

2か月前

君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか

052a661e 4f81 47ce b2ab 6c7ccb990fda

なおこ

歴史・事件もの好き

若い時に読みたかった。 時代背景により、幸せの定義、豊かさの定義が違うのだということもわかって新鮮な気持ちになった。

8か月前

0ed6d838 684e 40f9 9c36 3971007a88788817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe7c1c84bd 9249 4700 b114 46131ca608cb 123
君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

生きていくのに大切なことは言葉にしにくい。でもコペルくんの体験を通してしっかり伝わってくる。それはすごいことだと思う。

12か月前

971acd02 98d2 46cf a93e 2e11117ac857Icon user placeholderIcon user placeholder 36